王滝仕様Gaap再び

スイングアームピボットをオーバーホールしたら、ベアリングが逝っていることが判明したポリッシュGaap。しばらく完バラ状態で放置してあって、外したMTB用のパーツはリンスキーを稼働状態にするために使っていた。

でも、Gaap仲間で出ようとしていた5月のAACRのエントリー峠で玉砕したため、同日開催の王滝にエントリーする公算が高くなった。なのでポリッシュGaapはとりあえずベアリングだけ新品交換して、ほぼ以前の状態で組み直してみた。

gaap_lite_lefty.jpg

じつはピボット部はちょっと問題があって、多分もう一度バラして組み直すことになりそう。あともともと重くて交換しようと思ってたリアハブのフリーの動きが怪しくなってきたので、これも近々組み直し予定。考えてみたらハブは随分前に調達しておいたんだよなぁ。

復活させる際はクランク周りをロード用コンパクトにして、リアにロー40Tか42Tを入れようと思ってたけれど、とりあえず今回はMTB用トリプルのまま。一応新品のコーラスCTは手元にある。でもなんとなく新品使うのは勿体無くなってきて、ROTOR Agirisのロード用コンパクトを使ってみようかなって気になってきた。

でも問題なのは、チェーンリングが無いんだよなぁ。48/34Tか50/34TのPCD=110の良さげなチェーンリングが手に入らないものかと画策はしてるものの、楕円のやつを嫌うと意外なほど選択肢ないのね。


なーんてことをやっていてしばらく猫sを放置しておいたら、相変わらず居場所争いに余念がないようで。

elisao_2017012413374351a.jpg
さ「アタシもそこに入れてよー」
エ「鬱陶しいわね。アンタはどっか行きなさいよっ!」

猫感

短毛種のシンガプーラとはいえ冬は結構モフモフ感たっぷりのエリカさん。たまに顔を埋めてスーハーさせてもらってるw 猫らしい感触だねー。

IMG_0684.jpg
エ「なにか?」

対して、こちらは洗ったばかりのさおりさん。独特のすべすべ感のある肌で、割と積極的に人にぴったりとくっついてくる。
毛が無い分、寒いんだろうけど、こっちにも体温が直に伝わってくるから生き物感が全開。まあ、猫っぽくはないけど、それはそれで可愛い。

DSC_7202.jpg
さ「ニンゲンってアタシのために動くアンカのことでしょ」

暖かい場所

寒い日の猫たちの定番の場所はいくつかあるけれど、エアコンが稼働してる時はやっぱりココ。
温風がダイレクトだからねー。まあ、干涸らびない程度にね。

DSC_7096.jpg
エ「アタシはいつでもピチピチよ」

あとはホットカーペットの上の毛布の下も人気スポット。

IMG_0533.jpg
さ「冷えるわねー」

エリカと較べるとより寒がりなのは仕方ないね。キミの場合。

眠い

最近めっきり寒くなったせいもあってか、猫たちの活動量はやや落ち気味。

エリカさんは毛布サークルで眠そう。

DSC_7031_20170114175217f13.jpg
エ「ふぁぁ〜〜っ」

さおりはというと、

IMG_0477_20170114175219c3b.jpg
さ「………」

エアコン下のクッションで爆睡。

別の日も同じ場所で爆睡。

IMG_0747_20170114175220d5c.jpg
さ「………」

こうなるとさおりは滅多なことでは起きない。
エリカだと同じように寝てても人が近づくと薄眼を開けるのに、さおりはピクリともしない。生きてるかな〜? と心配になるほど。
大物だね〜。

尻尾舐め

さおりがやけに静かにしてるなと思って目を向けると、ペチャペチャと音を立てながら真剣に尻尾を毛繕いしてることがある。スフィンクスは基本的に無毛猫だけど、部分的に多少毛が生えている個体も多い。さおりの場合は鼻の上が黒い毛で覆われている他、耳と尻尾の先端に薄っすらと毛が生えている。その尻尾の毛を必死に毛繕いしているわけだ。

IMG_0792.jpg
さ「あ〜ん? なにか?」

IMG_0793.jpg

でもねー、そんなヨダレでベチョベチョになるまで舐めなくてもいいのに…

IMG_0994.jpg
エ「程度ってものを知らないわね」

Gaapいろいろ交換

元日ブルベでは地図の出るGPSを装着して走ったけれど、手持ちのLegend HCxではパフォーマンス的にやや苦しいところもあった。今後もブルベを走るのであれば新調するのも悪くないかなということで、同じくGarminのeTrex 30xを買ってみた。Legend HCxもeTrex 30xも自転車用というよりはアウトドア用のGPSユニットだが、ブルベのような長時間使用を想定すると、単3電池で運用できるものはやはり便利。あえてタッチパネル式じゃないものを選んだのも、グローブをしたまま操作できる点を重視したから。

garmin_etrex30x.jpg

で、GPSを入れ替えると、それを自転車に装着するブラケットも新調しなければならなくなる。ところが最近の自転車用ハンドルマウントブラケットは、そのほとんどがクランプ径31.8mmを想定しているので、26.0mmのウチのGaap(というかウチの自転車のほとんど)に取り付けるにはいろいろと苦労が多い。

じゃあこれを機に、ハンドルも31.8mmクランプに変えてみましょうかね。元日ブルベでは身体のあちこちが痛くなったから、ポジションを少し見直してみるのもいいかも。

bar_stem_saddle.jpg

ってことで、こんなものを買い込んでみた。

ドロップバーとステムは現在使ってるものと同じデダ製のもの。今までのハンドルが215アナトミックでリーチが86mm、ドロップが146mmだったのに対し、今回買ったゼロ100RHMはリーチが75mm、ドロップが128mmというコンパクトシェイプ。ステムは同じ80mmにしたので、従来より若干ブラケットが近くなるはず。

サドルはお尻や尿道に対する優しさで定評のセラSMPの中でも、スポーツモデルとしてはパッドが厚めのdrakonを選んでみた。まあ、こればかりは使ってみないと合うかどうかは分からない。そもそも今まで使ってたのも、お尻に優しいセラ・イタリアのフライト・トランザムだから、失敗の可能性も結構高いよなぁ…。

compare2.jpg

ちなみに、やっぱり気になる重量はというと、ハンドルは215が227gなのに対しゼロ100RHMは255g。クランプがオーバーサイズになったので、同グレードなら若干重くなるのは仕方ないところ。

compare1.jpg

ステムはニュートン26が125gに対し、ゼロ2が126g。本当はステムもゼロ100にしたかったところだけど、長さが80mmでいいかどうかは使ってみなければならないので、とりあえず半額程度で買えるゼロ2にしておいた。

saddles.jpg

サドルはフライト・トランザムが253gなのに対して、drakonは312g。フライト・トランザムはフライト自体が軽量サドルなので、コンフォートモデルでも流石に軽い。drakonはカタログスペックでは285gだから、誤差を見込んでもややサバ読み気味だねぇ。

compare4.jpg

装着状態を較べるとこんな感じ。バーテープは今回もフィジークの厚手のやつ。
ぱっと見そんなにフォルムが変わってる感じはないけれど、クランプが太くなった以外にも上ハン部分がやや扁平になってる分、全体的に太くなったように見える。肩から先は同じ太さなんだけどね。

compare5.jpg

横から見ると、やっぱりリーチが短くなって、下ハン握る部分が近くなってるのが分かる。

compare6.jpg

サドルの前後位置を同じにした状態で、サドル先端からブラケットの角の先端までの寸法は、従来が約660mmだったのに対して、交換後は約650mm。1cmほどブラケットが近くなった。下ハンはさらに近くなっているはずなので、これで少し乗ってみて近過ぎるようなら、ステムを90mmにする必要があるかも。楽に感じるならこのままでいいかな。

gaap_change.jpg

GPSはRECマウントでステム前方に装着して、下側にはヘッドライト用ブラケットも装着。edge500は多少見難くなるのを覚悟でステム上に戻し、ブルベで必須のベルもステム下側に装着したので、ハンドル自体には何も付いていない状態。見た目もスッキリするし上ハンを自由に持てて、なかなかGood。

gaap_change13.jpg

そんなわけで、この姿でしばらく乗り込んでみることに。うまく身体に馴染むといいなー。

ねこPad

最近あまり使ってないiPad mini。
せっかくだから、久々に猫用アプリを動かしてみた。

20170111_elica1.jpg

期待どおりに興味を示してくれるエリカさん。

20170111_elica2.jpg

思わず手が出るw

一方のさおりさんは…

20170111_saori2.jpg
さ「ナニ? これ」

期待どおりに期待ハズレな反応してくれるねー。キミは。

さおりの服

さおりもウチに来た頃に較べると随分大きくなった。
毛が無い分、細っそりは見えるけど、体長はエリカとあまり変わらないんじゃないかなって感じ。
だったらさおり用に買った服、エリカにも着せられるんじゃね?
ってことで試してみる。

20170110_elica.jpg

うん、なかなか似合ってて可愛いw
ちょっと首回りが窮屈そうかなって気がしないでもないけど、あまり違和感ないね。
でもエリカは服を着せると動きが固まっちゃうタイプ。
なので、やっぱり服はさおりの方に着せてみた。

20170110_saori.jpg
さ「カワイイ服は私の方が似合うでしょっ」

文句言わずに着てくれるならそれでいいよ。

元日ブルベ BRM101三浦200kmをミニベロで走る

Gaap乗りのお友達に、王滝、ブルベ、果てはPBPとどこでもGaapで走ってしまうYさんという人がいる。Yさんの地元は関西だけど、ブルベとなれば何処へでも行っちゃう。まあ、そのへんの常連さんたちはみんなそんな感じなんだけど。

そのYさん、今年の元日は東京のブルベに遠征してくるとのこと。しかもコースはこちらの地元も地元、二子玉川がスタート/ゴールだとか。こりゃ、お付き合いしないわけにはいかないですね。

ということで、同じく都内在住Gaap仲間のMさんと私を加えた、Gaap3台体制で新年早々200kmのブルベを走ることになった。

とはいえ、こちらはブルベのようなロングを走るのなんて8年ぶり。当然、以前はロードレーサーで走ってるから、Gaapでの参加は初めてのこと。Mさんに至ってはブルベ自体が初参加。それでこの寒い時期の0:00スタートとは…。

いくら一番短い200kmとはいえ、結構無謀な気もするんですけどねー。まあ、走る前からいろいろ考えても仕方ないので、用意だけはしっかりして気楽に行きましょう。

brm101miura200gaap1.jpg

使用するGaapは、基本的には通勤車仕様にちょっと手を加えた程度。ただし一緒に走る2台のGaapがいずれも451ホイールなので、いざという時のチューブ等の使い回しを考えて、406で組んでいた自分のハブダイナモホイールは451に組み替えた。夜のブルベはダイナモライトが一番気楽だしね。

今回は距離こそ200kmだけれど、夜間走行が長いので灯火類は400km以上と同じものが要求される。具体的にはヘッドライトは2灯以上。テールライトも常時点灯可能な自転車本体に固定されたものが2灯以上に、ヘルメット尾灯も必須となる。

brm101miura200gaap2.jpg

最終的にヘッドライトはフォーククラウン部にダイナモライト、ハンドルにDosun A2と予備のGENTOS閃。

brm101miura200gaap3.jpg

テールライトはサドル下に1灯に加え、サドル下の小さいサドルバッグを取り払って、シートポストにバッテリー交換なしで15時間常時点灯可能なキャットアイの5灯テールライトを取り付けた。リクセンカウルのシートポストバッグの後ろにもオマケでもう1灯。小サドルバッグに入っていた中身は、ダウンチューブ下に装着したツール缶へ移動した。

brm101miura200gaap4.jpg

最近のブルベでは常識的な装備となりつつある地図表示可能なGPSは、ちょっと古いけどGarminのLegend HCxに、ルートラボのトラックデータを放り込んで装着した。

ちなみに今回走るBRM101三浦200kmのコースはこんな感じ。



概要としては、まず二子玉川の多摩川河川敷にある兵庫島を出発して、R246、港北ニュータウン、厚木基地の南側、小田原厚木道路の側道と西へ進んで行き、東海道本線の二宮駅近くのコンビニが最初のチェックポイント(CP1)。そこからUターンする形で大磯、江ノ島、鎌倉と東へ向かい、そこからは三浦半島の海沿いを反時計回りでグルっと回る。逗子、葉山を抜け、三浦半島南端の三崎のコンビニがCP2。そのまま三浦半島の東側を北上し、横須賀、横浜、川崎を通って、再び二子玉川まで帰って来る。

そんなわけで、大晦日の夜も更けた23時過ぎの二子玉川駅前で、大阪から輪行でやってきたYさん、見送りに来てくれたNちゃんと合流。兵庫島の新二子橋下に設けられたスタート地点でMさんとも合流した。

暗闇の河川敷をおびただしい数の自転車の灯火がぼんやりと照らす、なんとも異様な雰囲気。そんな中、続々と参加者が集まって来て、受付やらスタートの準備が始まった。

brm101miura2001.jpg

年の切り替わる20分ほど前からは、コースの注意点等が説明されるブリーフィング。知らない人が見たら、怪しい宗教活動かなんかだと思うかもw

brm101miura200.jpg

元日の0:00から自転車で200km走るという、なんとも変態じみた(w)イベントにも関わらず、集まった物好きはじつに100名以上。さすがにこの人数だと一斉にスタートするのは物理的に難しい。なのでカウントダウンとともに新年を迎えたあとは、小グループに別れて5分刻みのウェーブスタートで闇の中へと走り出していくことになった。

我々Gaap3人衆はウェーブ2のグループ。形式上は10分遅れのスタートだ。しかし実際には出掛けに車検を受ける形になるため、走り出したのは概ね0:20。ウェーブスタートによる時間の後ろ倒しが考慮されるのは10分だけなので、約10分は自腹を切ることになる。この10分の差が、後で重くのし掛かってくることになった。

スタート地点を後にした我々は、「今回は全行程俺が引く!」と豪語するYさんを先頭に、3台のGaapを連ねてコースをひた走る。が、港北ニュータウンを抜けるあたりまではとにかく信号の繋ぎが悪い。ほとんど各駅停車状態。そんなにのんびり走ってるわけじゃないのにアベレージは上がらず、メーターの平均速度は13km/h台を表示する有様だ。想像以上に序盤で時間を消費してしまった。

その後、平塚の先のコンビニでトイレ休憩した時点で時間を確認すると、CP1の本来のクローズ時刻には間に合わないかも…?!。ウェーブスタートの10分を差し引いても、ちょっとマジで走らないとマズい計算ですよ。

いきなりCP1で足切りというのもシャレにならないよなー…ってことで、ここで少しペースアップ。結局、ウェーブスタートの補正分を使い切ってもギリギリのタイムで、なんとかCP1到着した。こんなはずじゃなかったんだけどねぇ。

brm101miura2002.jpg

とりあえずCP1にさえ間に合えば、余程のトラブルがない限りは、それほど慌てる必要はないはず。ただ、ここからしばらくは海沿いの単調な道が続く退屈な区間で、しかも夜なのでどのくらい進んだのかを感覚的に掴みにくいし、下手をすると眠気にも襲われる。多少のマージンを確保する意味でも、淡々とペダルを回して走り続ける。

しかし当初の予定よりも全体的に遅れ気味となってしまったことが祟って、本来は三崎かその先あたりで初日の出を迎えたかったのが、三崎口より手前で夜が明けてしまった。まー、しゃーないね。周りには他の参加者もチラホラ見えるので、ウチらだけが極端に遅いわけでもなさそうだし。

brm101miura2003.jpg

そうこうしながらも、7時過ぎにはCP2のある三崎に到着。

brm101miura2004.jpg

コンビニで通過証明となるレシート貰いがてら弁当を買ってがっつり補給、&一休み。

brm101miura2005.jpg

あとはゴールまでCPは無いので、13:30までに二子玉川まで帰れば完走できる。はずだけど、まだ90kmほど残ってるんだよねー。一番短いブルベとはいえ200kmは長いね。

brm101miura2006.jpg

三崎から丘の上へ登っていくと、名物の大根畑越しに太平洋と元日の太陽。

brm101miura2008.jpg

三浦半島越しに富士山が見えるポイントを通過し、

brm101miura2007.jpg

先日CarryMeで走った時にも立ち寄ったペリー公園にも寄りながら、

brm101miura2009.jpg

途中から猛烈に痛み出したオケツを騙し騙し、なんとか制限時間内にゴール地点の二子玉川に到着した。

brm101miura200 (1)

CP通過やゴールの到着判定は、コンビニのレシートで証明するので、コレが重要。記入したブルベカードと一緒に封筒に入れて近くのポストに投函したら、今回のミッションは終了也。

時間的には結構ギリギリだったけど、それでもGaapでブルベ初完走! ヤッター!!
終始先頭を引き続けてくれたYさんや一緒に走ってくれたMさん、元日から自転車遊びのネタを提供してくれたAJたまがわのスタッフの方々には感謝するばかり。有難うございました。

brm101miura200gaap.jpg

それにしても、はー、疲れたっす。( ´д`)

あけましておめでとうございます

今年もボチボチとやっていきたいと思ってます。

2017newyear.jpg

ちなみに元日は0:00スタートのブルベをGaapで走ってます。
プロフィール

きくかわ

Author:きくかわ
シンガプーラのエリカは09/10/05生まれ
スフィンクスのさおりは15/06/06生まれ
最近は主に小径車に乗ってますがロードレーサーとMTBも好き
愛車紹介等は「きくかわおさむの自転車生活」にて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク