スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽物

エリカはオレンジ色のピンポン球で遊ぶのも大好き。そこで試しに小さめのミカンを目の前に転がしてみた。

「ん? にゃんかちょっと雰囲気が違うんじゃない?」
20121223mikan1.jpg

「でもあの色はピンポン球よねぇ…」
20121223mikan2.jpg

「えいっ!」

「@#$%^&!! やっぱり何か変です〜!」
20121223mikan3.jpg

うーん、そう簡単には騙されてくれないか。

「ったくナンてことするんですか。もう信用しませんよ」
20121223mikan4.jpg
スポンサーサイト

サークル崩し

フリース毛布を細長く4つ折りにしてくるっと丸めホットカーペットの上に置くと、はい、猫用サークルの出来上がり。

20121218circle1.jpg

さっそくやってくるエリカさん。

20121218circle2.jpg

「にゃんだ、底は抜けてるのね」
20121218circle3.jpg

「でもまあ、いいわ。暖かくてシアワセ〜」
20121218circle4.jpg

でもちょっと寝返り打ったら下からはみ出してるし。

20121218circle5.jpg

そのうちサークルも緩んできて…

20121218circle.jpg

挙げ句の果てにこんな格好で和んでることも。

20121218circle6.jpg

「なんかあまり居心地良くなくなっちゃったわ」
20121218circle7.jpg

さらにウニ玉で遊んでたら蹴散らかされてこんな有様。

「ねえ、このぐしゃぐしゃのヤツ、いつ直るの?」
20121218circle8.jpg

プライベートな時間

机に座るとすぐ斜め上に位置するエリカのベッドから、気がつくとニュッと脚が1本。

20121218grooming1.jpg

寝相が悪くてはみ出してきたのかと思い覗き込んでみたら、ああ、毛繕い中なのね。にしてもあんまり行儀のいい格好じゃないねー。

20121218grooming2.jpg

「ほっといてちょうだい」
20121218grooming3.jpg

宮ヶ瀬湖往復

先週MTBで走ったときから「次はロード」とみんなで話し合っていたので、日曜日は宮ヶ瀬湖までロードレーサーでツーリング。目標はユルく100km。この志の低さがイイ!
( ゜∀゜)

稲城で7名が集合した後は、尾根幹から橋本、新小倉橋と抜けるルート。まずは第一目標地点のビジターセンター脇を目指す。

いきなり到着。
20121216miyagase1.jpg

Yさんはここですでに肉切れ。いきなり肉にかぶりつくw
20121216miyagase2.jpg

自分は肉まんで補給。
20121216miyagase3.jpg

ここは夜はいろいろとイルミネーションで飾られていて、夜は結構キレイらしい。
20121216miyagase4.jpg

こんなところも電飾。
20121216miyagase5.jpg

一休みしたら宮ヶ瀬ダムへ移動。
20121216miyagase6.jpg

この季節、観光放流はやっていないが、巨大建造物はそれなりに迫力満点。
20121216miyagase7.jpg

宮ヶ瀬湖を離れた後は、本日の目標のひとつでもあった“丹沢あんぱん”の工場へ。
20121216miyagase8.jpg

場所柄か自転車ラックも用意されている。ここで新小倉橋で合流できなかった(我々が予定より遅れた)Iさんと合流。
20121216miyagase9.jpg

再び尾根幹でよみうりランドまで戻ってから、オプションでV坂1本で解散。
20121216miyagase10.jpg

思いのほか暖かい1日で良かった良かった。皆さんお疲れさまでした。

20121216miyagase11.jpg

寛ぎの体勢

さっきまで足元を彷徨いていたエリカの姿が見えないなーと思い周りを探してみると、何となく上の方からの視線を感じる。見上げてみると…居た。プリンターの上に置いた猫ベッドから顔だけ出してこっちを見てた。

でも何となく顔の出し方に違和感が。

20121214bed1.jpg

ああ、そうやって縁に顎を乗せてたのね。

20121214bed2.jpg

ベッドの使い方としてはちょっと不自然なようにも見えるけど、とりあえず寛いではいるようだからいいか。

凝視

真剣な眼差しで何かを凝視するエリカさん。

「・・・・・・・・・・・」
20121214print1.jpg

視線の先はコレ。

20121214print2.jpg

動作音といい紙の出入りする様子といい、まあ、たしかに猫が興味を持ちそうなアイテムだな、プリンターって。

20121214print3.jpg

この日は車のサービスマニュアルの一部を10ページ程プリントアウト。結局エリカは最初から最後までほぼこの状態で固まっていた。紙に飛びかかられるんじゃないかと気が気じゃないので、できれば来ないで欲しいんだけどなぁ。

ガーミン

Gaapのサイコン代わりにもなっているガーミンのレジェンドHCx。ところが最近どうもマウントに装着した際のロックの掛かりが甘いなと思っていたら、爪の部分にヒビが入って今にも折れそうになっていた。

20121211gps1.jpg

じゃあ仕方ないから、このブラケットに嵌る部分か裏蓋丸ごとを買いましょうかね。と思い例によってウェブで調べたら、なんと現状では補修部品やアクセサリーとして旧型eTrekシリーズの裏蓋を販売しているところなんか無い!! モノクロ版の裏蓋ならまだ何とかなっても、カラー版のレジェンドやヴィスタ用は壊滅状態だった。というか、そもそもがパーツとしてはほとんど流通してなかったようだ。

使えないじゃん…( ; ゜Д゜)

まさかこんなところのヒビひとつでハンディGPSユニット自体が使えなくなるとは思わなかった。かといってiPhoneを自転車に装着するマウントも、これまた現状では未だ5用でこれといったものが無い。ありゃ〜っ、Gaapで出かける時に困ってしまうよ。

仕方ないので今手元にあるものを有効活用し、なおかつ最小限の予算でとりあえず問題を解決する手段を講じることにした。



ピンポ〜ン♪

「またなんか届いたみたいですよ」
20121211gps2.jpg

ポチったのはコレ。

20121211gps3.jpg

現在ロードレーサーとMTBで共用しているガーミンのEdge500用マウント。Edge500は3台の自転車でデータを使い分けることができるようになっているから、Gaapでも使い回してしまえというわけだ。

しかし地図を見る必要性が生じたら…。まあ、ポケットからiPhone取り出すしかないわな。

「箱の方はアタシがもらうわね」
20121211gps4.jpg

MTB遊び

このところの天気予報を見てると、とてもじゃないがロードレーサーで山方面へいけるような気温じゃないし、おまけに北風が強いともなれば、下手なところへ行けば遭難の危険も危ない。かといってせっかくの休日までGaapで羽田というのも能が無いなーと思っていたら、9日の日曜日はHさんがMTBで通称2トレへ走りに行くとのこと。渡りに船とばかりに飛び乗ってしまった。

この日、じつは前日が職場の忘年会だったので、ちゃんと起床できるかどうかが最初の高いハードルだった。が、無事、布団峠は越えることに成功。無事、集合時刻のちょっと前にはスタート地点に車で到着することができた。

201212112trail1.jpg

Hさんの相棒は今日は33rpm。
201212112trail2.jpg

そして今回初めてご一緒するUさんはこんなバイク。
201212112trail3.jpg

自分のリンスキーも含め、なんとなく似たようなジオメトリのハードテイルが集まったような気がしないでもない。そしてあともう一人、ビアンキ乗りのbさんもスタート前に駆けつけ、都合4台のハードテイルMTBで山の中へと入っていった。

朝、急いで用意して出てきたのでカメラはiPhoneのみ。なので走っている最中の写真はゼロ。
ちなみにUさんは三脚は持って来たけどカメラは忘れたそうで…。

山の中は木々で冷たい風が遮られているせいか想像以上に暖かかった。しかも地面はほとんどの部分が落葉のカーペット状態。いわゆる絶好のコンディションというわけだ。なので序盤の登りにちょっと苦戦はしたものの、MTBならではのトレイルライドを楽しみながらわりとあっという間にランチ場所まで辿り着いてしまった。

201212112trail6.jpg

今回は最初から火器使用の予定だったため、みんな思い思いにお湯を沸かし始める。
201212112trail4.jpg

自分はマルちゃん正麺の塩味を持参。こういうところで食べるインスタントラーメンはじつに美味い! はずだったが、火器で作って具無しで食べるにはサッポロ一番塩ラーメンの方が良かったかも。
201212112trail5.jpg

午後も山の中の空気は穏やかで、ちょっと走るとすぐに汗ばむほど。
201212112trail7.jpg

あちこち走り回りながら、最後はお約束のいつもの場所で記念撮影。
201212112trail8.jpg

そんなこんなでロードレーサーで走ってたら寒さと風との戦いになっていたに違いない一日を、山で気持ち良く自転車遊びに興じることができた。あー、楽しかった。

ファンヒーター

近頃、家で大活躍しているものといえばガスファンヒーター。当然のようにスイッチオンの音がするとやってくるエリカさん。

「こっちの部屋で何か素晴らしい音がするわね」
20121211fanheater0.jpg

で、やって来て一緒に暖まるのは全然オッケーなのだけれど、困るのはこんな感じに操作パネルがある上面に乗っかられること。

20121211fanheater1.jpg

一応はボタン類の動作をロックする機能がついてはいるものの、安全性を最優先しているためか動作中に運転ボタンが押されると問答無用で動作停止となってしまう。おまけにその運転ボタンが無用な程大きくて、エリカの足でもすぐに反応してしまうから困りモノだ。ようするに気がついたらファンヒーターが停まっていた…なんてことがちょくちょくあった。

そこでせめて運転ボタンだけはエリカが押してしまわないようにと、試験的にこんなモノをつけてみた。

20121211fanheater2.jpg

モノは銀塩カメラのフィルムケースの蓋。真ん中をくり抜いた状態で両面テープで貼り付け、穴に指を突っ込まないと操作できないようにした次第。これならエリカが踏んづけただけなら反応することは無い。

今のところ効果は絶大で、いくらエリカが乗っかっても運転が停まってしまうという事態には至っていない。人間が操作する分にはそれほど使い難くもなっていないはず。最初からこのくらいの猫対策はしておいて欲しいなァ。

「ほら、悪いのは元々の設計でしょ。アタシじゃないわ」
20121211fanheater3.jpg

移動

キッチン脇の窓際に外が見えるように置いておいたエリカのピンクのベッド。でも寒くなってきたからかあまり入らなくなったうえに、ガスファンヒーターを使うと窓が結露するようになった。そこで邪魔にならないプリンター上に位置を移動。

ところが今一歩場所が気に入らないのか、窓際が寒かった記憶が抜けないのか、以前のようには使ってくれない。というかほとんど入っているところを見なくなっていた。

しかし今日、外出から帰ってみるとしっかりと中に収まっているエリカさん。
20121202bed1.jpg

エアコン直下の暖かい場所であることをやっと認識したらしい。
20121202bed2.jpg

気付くの遅過ぎ。
プロフィール

きくかわ

Author:きくかわ
シンガプーラのエリカは09/10/05生まれ
スフィンクスのさおりは15/06/06生まれ
最近は主に小径車に乗ってますがロードレーサーとMTBも好き
愛車紹介等は「きくかわおさむの自転車生活」にて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。