レバー

といっても焼き肉やペーストの話ではなくて、久々の自転車ネタ。先日購入したブルーノのミニベロのシフトレバーのお話。

111231org_lever.jpg

この自転車のシフトレバーは、いわゆるダブルレバーがステムに専用ブラケットを介して固定されている。街乗り自転車だから頻繁なシフト操作をするわけではなく、したがって手元シフトである必要性はあまり感じないし、この方がハンドル周りを弄る際に自由度が高いから、これはこれでいいと思っていた。

ところが実際に乗ってみると、立ち漕ぎした時に膝が当たって今一歩具合が良くない。またステムもこれ以上下げることができないし、何より鉄板を曲げて作られたブラケットがかなり残念な質感。お金をかけないつもりの自転車とはいえ、さすがにこのへんは何とかしてやりたい。ヘッドチューブにレバー台座がついている旧型フレームだったらこんなこと悩まなくても良かったのになあ。

ダブルレバーをハンドル周りに装着する市販マウントといえば、ポールやディズナの製品がある。ただしそれらはハンドル上に横向きに装着するものだったり、フーデッドレバーの脇にサムシフターのように装着するものだったりで、今一歩自分の望む形ではない。もちろんGaapの時にお世話になったYさんに作ってもらえば、市販品クォリティの素晴らしいものを作ってもらえるはずだが、なにせ忙しそうなのでこの時期に個人的なブツを頼むのはちょっと気が引ける。

で、どうしたもんかと悩んでいたら、某ネットオークションでいろいろなタイプの手作りシフトレバーマウントを出品している人がいるのを発見した。早速メールで問い合わせてみたところ、出品しているタイプ以外でも現物合わせで作成してくれるとのこと。それじゃあカンパ仕様で(どうしてそうなるっ!!)、ついでにリクセンカウルのフロントバッグアダプタとの共存もできるようにして作ってもらっちゃおうということで発注してみた。

111231mounter1.jpg

現物あわせ用のレバーやらバッグアダプターやらをこちらから発送して待つこと1週間。出来上がったシフトレバーマウントが届いた。

111231mounter2.jpg

作ってもらったままの状態では手作り感満点で仕上げがやや粗いが、アルミなのでちょっと磨けばなかなかいい感じになる。

111231mounter3.jpg

レバーを取りつけるとこんな感じ。クランプ径26mmで作ってもらっているから、あとはハンドルの中央付近に取りつけるだけ…なのだが、オープンクランプじゃないので片方はバーテープ剥がさなければならず少々面倒だ。しかもディレイラーやら何やらが揃ってない。装着はもう少し先になりそうだな。

どこかにカンパのノーマルクランク&フロントディレイラー余ってないかなァ。

プリンター

あまり積極的ではないながらも、とりあえず年中行事として作っているのが年賀状。今年もそろそろ作らなきゃならないなーと思いながら、エリカの写真で適当にでっちアップを試みた。
で、こんなもんでどうだろうと試し印刷してみたら…

全面縞模様。((;゜Д゜) ガチョーン!!

ヘッドクリーニングやらなんやら試したけど結局何も変わらず。こうなると背に腹はかえられない。やむなくネットで適当なプリンターをポチることになった。

で、早速届いたのがコレ。

111229printer1.jpg

今まで使ってたキヤノンiP4100の後釜としては、まあ、妥当かなというクラスのキヤノンMG3130。前面カートリッジ給紙じゃなくなったのが痛いが、最近は2万円くらい出さないとカートリッジ式にはならないみたいなので仕方ないね。ウチじゃプリンターの稼働頻度ってそんなに高くないし。

一方、驚くのはこのクラスでも複合機としての機能を備えていることで、上面の蓋をパカッと開くとそこに現れるのはフラットベッドスキャナ。すげー、コピーもスキャンもできるぞ。おまけに接続は無線LAN。

111229printer2.jpg

でも、じつは一番驚かされるのはこのプリンターのお値段だったりする。amazonで買ったらなんと6,750円。6万7,500円じゃなくて6,750円。しかも送料無料!!
コリャタマゲタヨ ( д )゜゜

ただしインクはわりとすぐに(噂によると年賀状5~60枚とか)無くなるらしい。なので一緒にスペアとして増量インクカートリッッジの黒とカラーを買ったら、そっちが4,300円だって。なんだかな~。

これで3~4年くらい保ってくれればいいか。

サーキット

毛布サークルで寝ていたかと思ったら、唐突にプレーサーキットにアタックを掛け始めたエリカ様。時々、急にコイツで遊び出すんだよね。

111224circuit.jpg

興に乗ってくるとサークルからは完全にハミ出して噛みつき技まで出る始末。

111224circuit (1)

もう完全にノリノリで我を忘れてる。

111224circuit (2)

まあ、怪我しない程度に遊んでくれたまえ。

じゃらし

ウニ玉はエリカが大好きなおもちゃだが、ちょっと遊ぶとすぐにどこかの隙間へシュート。なのでいくつ出してもあっという間に無くなってしまう。

その点、バッタじゃらしは棒がついているせいで無くすということがない。しかもウニ玉と同じかそれ以上にお気に入りなので、ボロボロになってもとにかく食いつきがいい。トンネルの中で和んでいても、ちょっと振ってやるとこのとおり。

111224tunnel.jpg

とって来い遊びもウニ玉以上に盛り上がる。

111224tottekoi.jpg

なんだかんだ言っても結構安上がりな猫だね。キミは。

寛ぐ

今年の仕事が終わったので家に居る時間が多くなると、エリカが安心しきって寛いでいる姿を見る機会も多い。

足元のホットカーペットの上に毛布サークルを作っておくとこの有様。

111225elica.jpg

夕食後にTVを見てたりすると、腕の中によじ上ってきて一緒にTV鑑賞。

111225elica2.jpg

猫との生活はこういう緩~い時間が心地いいなぁ。

季節モノ

異国の宗教行事にはとくに興味はないし、そんなもので日本の街が染め上げられてしまうのもどうかと思うのだけれど、まあこの季節の風物詩ということでこんな写真でも。

111222xmas.jpg

エリカも訳が分からず困惑顔。

111222xmas2.jpg

一応、日頃は食べさせない鶏のササミなんぞをあげてみたら…

やっぱり埋めてるし。

高級おもちゃ

ウチにある唯一の高級(当社比)ねこじゃらし。たしかによく遊んではくれるが、結構重いので人間的にはなかなか疲れる。そこでタワーに適当に差し込んで、エリカが勝手に遊んでくれるか試してみた。

111223toy1.jpg

「こっ、これはにゃに?」
111223toy2.jpg

まずは遠巻きにしてエリカ得意の意味不明なポーズ。

111223toy3.jpg

ちょっと体勢を変えてまたも意味不明のポーズ。

111223toy4.jpg

思いどおりにならないと紐に攻撃。そこ齧るところじゃないから。

111223toy5.jpg

咥えて下に降りようとするも逃げられる。

「言うこと聞かにゃいわねっ!! コイツ!!」
111223toy6.jpg

まあ、そんなわけでしばし独り遊びしてくれた。

爪研ぎ

随分とエリカの爪研ぎがボロボロになったなと思って調べてみたら、前回新品と入れ替えたのは去年の11月だった。まあ、1年以上使ったらこうなるのも仕方ないか。

111218elica1.jpg

ということで、またまたネットでポチって同じものを購入。

111218elica2.jpg

早速組み立ててみる。まずは臭い付けからですかい。

111218elica3.jpg

そしていつものように、何故か下の方の使いにくそうな所から使い始めるエリカ様。なかなか上に乗って使ってはくれないんだよなあ。

111218elica4.jpg


ちなみに首筋の痛みは、相変わらず薬が切れると祭り状態。早くなんとかならんもんかな~。(´д`)

神経痛

ここ数日、首筋の痛みが酷く、とくに夜遅くになると激しく痛むことがあったので、今日は仕事をキャンセルして病院へ。とりあえずレントゲンを撮ってみたら、6番目と7番目の頸椎の間が狭くなっているらしい。

といってもそれ自体はとりたてて珍しくない加齢現象だそうで、まあ、歳はとりたくないもんだなーと。ただそのせいで神経の出口が狭まってしまい、骨と神経が干渉して痛められた神経が腫れてさらに痛めつけられるという悪循環が起こっているんだろうという見立てだった。どうも筋肉痛にしては痛みが酷いと思ったら神経痛だったわけね。

そんなわけで、とりあえずそれなりの薬を貰って帰宅。週末は安静にしていないと。

帰る途中やけ寒いなと思ったら、エアコンをつけてる家の中も結構冷えている感じだった。のでエリカには嫁が昨日バーゲンで買ってきた羊のマフラーを巻いてやる。

「にゃんか動きにくいんだけど…」
111217elica.jpg

シェイクダウン

今日は第2日曜日なのでFサイの多摩川オフの日。ロード練習になる多摩丘陵隊に参加という選択肢もあったが、このところの仕事疲れと夕方の忘年会に参加することを考えてハードな走りはパス。突貫工事でハンドルをブルホーンに交換したミニベロでのんびりと府中往復でお茶を濁した。

j111211bruno_minivelo20a.jpg

ブルホーンバーは初めて使ってみたが、使い心地はまあまあ。ゼロオフセットのシートポストに交換してサドル位置をロードレーサー並みにさえしてやれば、ポジション的には問題なさそうだ。街乗りお使いバイクにするつもりなので、ハンドルにはリクセンカウルのクリックフィックスアダプタも装着しておいた。

111211bruno_minivelo20b.jpg

多摩川サイクリングロードは木々の葉も落ちて冬の装い。でも今日は日差しがあって風も穏やかだったので、気持ち良く日中の時間を過ごすことができた。

111211bruno_minivelo20c.jpg

一方、お留守番係だったエリカ様は、帰宅するなり遊んで攻撃全開。

111211elica1.jpg

ニトリトンネルと麻紐を付け直したバッタ戯らしでしばし遊ぶ。

111211elica2.jpg

しかし本当にこのトンネルが好きだね。君は。

111211elica3.jpg

荷物

久しぶりに大きな荷物が届いた。これだけあちこちハミ出してれば、中身が何かはすぐに分かるはず(笑)。

111206box.jpg

箱から出てきたのはこんな感じのブツ。こらこら、前を横切るなよ。

111206bruno.jpg

自転車はロードレーサーとMTBを所有しているが、どちらもマジ乗り仕様でそれなりに注ぎ込んでしまってもいるため、気楽にそのへんを街乗り…といった使い方をするにはちょっと抵抗がある。かといって嫁の小径車“コリブリ”を借りて乗ると、ポジションがあまりにも窮屈でほんのチョイ乗りでも結構疲れてしまうのだ。

そんなわけで普段着で気張らずに乗れる自転車が1台欲しいなーというのは以前から思っていたこと。で、すでにある2台とキャラが被らない点を考慮すると、やっぱり候補に上がるのは小径車だ。欲を言えばGaapにもう一度乗りたい気持ちが強かった。でもGaapはすでに入手難。有ってもかなり高価なのがネックだ。なので「価格が安くて乗り味もほどほどのものは無いかな~」といろいろリサーチをしていたところ、このブルーノ・ミニベロ20が目に止まった。

今回は完全な街乗り用自転車にする予定なので、正直言ってドロップハンドルである必要は無い。でものんびり流して乗ることを考えてブルホーンハンドルを試してみたいと思っているから、フラットバー用のシフターで組んであるモデルはちょっと避けたいところだ。そういう意味ではドロップハンドルでありながらデュアルコントロールレバーを採用していないコイツは何かと都合がいい。しかもお値段はほどほど。そのわりにフレーム/フォークは一応クロモリで結構しっかりしてる。素材としてはまあ満足できる内容だ。

しかしブルホーンハンドルは今まで使ったことがないので、どのくらいの幅でどんな形状のやつがいいのか等、まるで見当がつかない。クランプ径は25.4mmなのかな。街乗りメインならC-C380mmくらいが適当? とりあえずケンクリのTTマシン用オポージットレバーの安いヤツは確保したので、ハンドルだけ買ってきてブレーキワイヤ張り直すくらいでイケるのかな? まあ、暇を見てボチボチといじっていくことにしよう。


**************************


ところで、今日は職場の外国人スタッフからこんなものを貰った。見てのとおりのクリスマスプレゼント。う~ん、この歳になってこんなものを貰う立場に立つとは思ってもみなかった(笑)。

111206xmas1.jpg

で、写真を撮っていたら早速突撃してきたエリカ様。

111206xmas2.jpg

中身はこんな感じ。サンタ型の中空チョコは持って帰って来る間に見事に割れてしまったのが残念。しかしD国の人はハリボが好きだな。

111206xmas3.jpg

個人的にはキリスト教徒でもない日本人がクリスマスで騒ぐのには若干の違和感を持っている。でも、ちゃんとそちら方面の方がこういうことをやってるのを見ると、何となく楽しくなって来るから不思議だなあ。

心眼

トンネルの下に押し込んだウニ玉。

111203elica1.jpg

そこにアタックをかける時に何故か顔はトンネルの中。

111203elica2.jpg

机の上の猫じゃらしにも

111204elica2.jpg

顔は隠して手だけで攻撃。

111204elica3.jpg

心眼で獲物を見る訓練でもしてるのか?

戯れる

12月に入ったら少しは暇になるかと思っていたが、ちょっと思惑違いでもう少し忙しい時期が続きそう。とりあえず来週も日曜日以外は休み無しになってしまった。

まあそんなわけで、今一歩満足いくまで遊びの相手をしてもらえてないせいか一人遊びに興じるエリカ様。なんだか知らないがあちこちを掘りまくっている。

111130elica4.jpg

あまり放っておくのも可哀想なので猫じゃらしで遊ぶ。

111201elica.jpg

手でも戯れる。

111202elica.jpg

心無しか噛み方に容赦ないような気が…。
プロフィール

きくかわ

Author:きくかわ
シンガプーラのエリカは09/10/05生まれ
スフィンクスのさおりは15/06/06生まれ
最近は主に小径車に乗ってますがロードレーサーとMTBも好き
愛車紹介等は「きくかわおさむの自転車生活」にて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク