スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地石巻市

先日の大地震で大きな被害を受けた宮城県石巻市には嫁の実家や親戚の家がある。嫁の実家は高台にあるため津波の難は逃れたが、平地にある義弟夫婦の家は2階まで水に浸かり1階は泥や瓦礫で手のつけようが無い状態。叔母の家がある女川町に至っては街全体が津波に飲み込まれ壊滅状態という惨状だ。不幸中の幸いだったのは親戚関係のほとんどの人の命は助かったことだが、現在の生活はといえば、とにかく物資が足りずにいろいろと困っているらしい。

一方、こちらは原発事故のあおりを受けて現在失業状態。暇だけは売るほどある。だったら何か役に立てないものかと思い、友人知人に衣料品を中心とした不要物資の提供をお願いし、それをレンタカーに積み込んで石巻まで持って行くことにした。

石巻までは通常なら仙台南まで東北自動車道で行き、そこから仙台南部道路、三陸縦貫自動車道を乗り継ぐのが一般的。しかし事前に仕入れた情報では仙台南部道路と三陸縦貫自動車道はあちこちに通行止め区間があるらしい。だったら東北道で大和ICまで行きそこからは一般道で鹿島台を経由し石巻港へ抜ける方が良さそうだ。

ということで夕食後に家を出て、首都高~東北道で淡々と走る。東北道は照明が消えているので日頃の風景に較べるとかなり暗いが、クルマはヘッドライトがあるのだからこれでも困らない。無駄に明るくする必要ないでしょ。道を明るくするにしても歩道を優先するべきだよね。

highway.jpg

東北道はとくに渋滞も無い。後々のことを考えて途中2ヶ所のSAで給油をしながらも、一気に大和の手前の鶴巣PAまで走ってしまった。

tsurusu.jpg

さすがにこのタイミングで直接嫁実家に行ったのでは到着時刻が早過ぎる。なのでここでちょっと仮眠。荷物満載のためシートがリクライニングできず狭苦しいが、とりあえず支援物資用に持ってきた衣類に包まりながら多少寝ておく。

5時頃に目が覚めたので再出発。一般道に下りて八丁道路と呼ばれる広い道を走っているあたりで陽が昇った。

sunrise.jpg

このあたりはところどころに地震でダメージを受けた家があるものの、大震災の爪痕というほどの光景は見えない。ただ路面はあちこちに段差ができてしまっていて、道が空いているからと普通の感覚で巡航しているといきなりジャンプする羽目になるから注意が必要だ。

そして1時間ほど走るといよいよ石巻の市街地へ突入。

gareki.jpg

すでに道路上の泥や障害物はかなり取り除かれているが、道端はニュース映像で見るとおりの瓦礫の山。

こんな光景や

car.jpg

こんな光景も、すぐに見慣れてしまうくらい当たり前のようにまわりに広がっている。

gareki2.jpg

まだ時間が少し早かったので高台にある日和山公園へ寄ってみたが、そこから見る海側の景色は本当に惨憺たる状況だった。

hiyoriyama1.jpg

若干の建物が辛うじて原形を留めているものの、地面を埋め尽くしているのはほとんどが瓦礫。

hiyoriyama2.jpg

去年の5月に同じ方向を撮った写真と見較べるとまるで別物の風景だ。

hiyoriyama_old.jpg

すぐ下には流された家が折り重なるように溜まっている。これでは救助活動が困難を極めるのも当然。

hiyoriyama3.jpg

こちらは造船所。本来は船の無いところに船が打ち上げられていた。

shipyard.jpg

旧北上川の中州にある石ノ森萬画館や脇に建つ小さな教会は形を留めていたが、そのまわりに以前の面影はまったくない。

ishinomori.jpg

これも去年5月に撮影した同じ場所の光景。

ishinomori_old.jpg

とにかく生で見る地震と津波の爪痕は、映像で嫌というほど見た後でも、やっぱり言葉を失うほどの衝撃がある。

とはいっても後ろを見てばかりいても仕方ないので、嫁実家や家を失った人が避難している親戚の家などを廻って僅かながらの物資を下ろし、そしていろいろな人の安否情報を再確認。状況が状況だけに、こうやって生きて再会できただけ良かったと思うべきなのかもしれない。今後も微力ながらできる範囲で復興を支援していこう。

で、今は家族4人で嫁実家に身を寄せる義弟クンから物資のお礼にと差し出されたのがコレ。

cracker.jpg

公的支援として回ってくる食料はこんなものがほとんどだそうで…。(´;ω;`)

ちなみにガソリンの供給は相変わらず絶対的に不足しているらしい。家の片付けや復興支援の仕事で疲れた身体に鞭を打ち、休日の早朝にガソリンスタンドの前に並びに行っても、給油できずに帰る羽目になることも多いとか。そんな話を聞いていたので、こっちもどこで給油できるかは心配の種だった。そこで今回は予め都内でガソリンを満たした携行缶を持参した。

しかし結局は往路の高速SAでは2,000円分とか3,000円分という制限付きながらも給油できたし、帰りも高速に乗ってしまえばなんとかなりそう。なので持参したガソリンはそのほとんどを嫁実家のクルマに投入してきた。大した量ではなかったが、これが大層喜ばれた。

一泊して翌日の復路も3月末という時期の割に道路はほとんど混雑無し。結局、満タンにした搭載燃料のみで帰ってくることができた。しかし高速区間が長くそれなりにエコランしてるのに燃費が14~15L/kmって、あんまりエコじゃねーな、旧型スイフトのレンタカー。

elica01_20110327200844.jpg

で、月曜日の夜から水曜日まで一人(猫)で留守番をしていたエリカ様はかなり寂しかったらしく、帰ってきたらしばらくは甘えまくり。一緒に出かけることができるといいんだけどねー。
スポンサーサイト

来客

エリカ、今日はお客さんが来るよ

「あーん? ナニそれ」

elica_20110327200747.jpg

ということでやって来たのは

ジャーン。この方。

singa.jpg

そう、『華胥の夢』でブログ村のシンガプーラブログランキング上位定着している“ねこ元気”さん。
もちろん華朶ちゃんも一緒。わー、生華朶だー!! カワイー。

kada1.jpg

じつは都内での某撮影の帰りに立ち寄ってもらった次第。ウチに猫のお客様が来たのはこれが初めてだったりする。

とはいっても華朶ちゃんにとってはいきなり知らない家に連れ込まれたわけで、当然のことながら警戒モード全開。ウニ玉で釣ろうとするも…

「このウチは怪しいでち」

kada2.jpg

「このへんに居れば大丈夫でちかね」

kada3.jpg

ってな具合でなかなか近づいてきてはくれなかった。まあ、飼い主以外には警戒心が強いシンガプーラだからしょうがないよね。でも抱き上げたりしても大人しいのはちょっと意外。多分エリカだったらジタバタ暴れてるところだろうなあ。

で、エリカの方の反応はというと。

「こっ、怖いですー」((;゚Д゚)ガクガクブルブル


elica_and_kada.jpg

情けなし。ちなみにこの時は華朶ちゃんは後ろのキャリーの中で寛ぎ中。日頃他の猫に接してないとこんなもんかな。

結局、ちょっとだけ期待したツーショット撮影は夢と消えたものの、ねこ元気さんとはいろいろと猫談議を交わすことができた。そしてお二人は夕方には愛車セレナで渋滞の環八経由で帰宅の途に。

ねこ元気さんも華朶ちゃんもお疲れさまでした。

自転車プチ整理

我が家には自転車が6台ある。内訳は自分用がロードレーサー1台、MTB2台、嫁用がロードレーサー2台、小径車1台。このうち自分用のMTB2台というのは、トレイルライド用のフルサスが1台と街乗り&アクションライド遊び用が1台といった具合で、一応は使い分けているつもりだ。しかしこのところ山へ行く機会がめっきり減っている、というよりはほとんど行っていない。なので正直なところ2台持ちは無駄と言わざるを得ない。

んじゃあ減らすか…となると、これがまたなかなか難しい。F700だけを残したのではいざトレイルに入ろうとした時に厳しいし、かといってスカルペル1台ではアクションライドの真似事はできない。だったら2台とも売っ払ってオールマイティに使いやすいHTを1台組むか、ってことにもなるわけで、まあ、そんなことを考えている最中だ。5月の王滝もエントリーしてるしねぇ。

elica_20110324015654.jpg

「どうせまた物欲が出たんでしょ」というエリカの抗議の目。いや、違うってばさ。多分ね。

引っ掻く

寒い季節は寝ているとよくエリカが布団の中に潜り込んで来る。ただ、何故か知らないが自分で布団を掻い潜りながら入ってくることはしない。入ってきたい場所をバリバリと引っ掻くだけ。仕方ないのでちょっと布団の端を捲り上げてやると、ささっと入ってきて人に寄り添って落ち着く。

で、そういうパターンを確立してしまったのがいけなかったのだろうが、こっちがフツーに熟睡してるとよく肩をバリバリされる。眠いからと無視しているとどんどん激しく引っ掻いてくる。結局は根負けして布団を持ち上げてやることになる。

まあ、入ってきた後はぴったりと寄り添ったり腕枕状態になったりしてゴロゴロいいながら寝てしまうから、可愛いと言えば可愛いんだけどねェ。

elica_20110319125132.jpg

今朝もそんな要領で人の肩を引っ掻いて活路を開き、脇の下に潜り込んできて寛ぐエリカ様。枕元に置いてあったiPhoneで激写してみた。

無事を確認そして風が吹けば…

安否の確認が取れなかった石巻の嫁実家、やっと連絡がついた。といっても最低限の情報を知らせるメールが来ただけだが、嫁の父母と弟夫婦&小学生の子供2人、計6名は全員無事で、高台にあるため被害の少なかった実家に集まっているとのこと。とりあえず良かった良かった。

ただし女川町の叔母やその他の親戚に関しては相変わらず連絡が取れていない。もう少し電話や電気の復旧が進んでいけば、こちらも何らかの情報は入って来るだろうか。

そして何の脈絡もなく、今日はどのオモチャで遊ぼうか物色中のエリカ様。

elica_20110315153424.jpg

ところで被災地域の方々の被害とは別に、自分の仕事関係では地震を発端として“風が吹くと桶屋が儲かる”的な事態が発生している。最終的に儲かるなら大歓迎だが、現実は“地震が起きると我々下働きが損をする”なので困りモノだ。

というのも今の職場には欧州某国から仕事を取り仕切るマネージャーが来ている。その欧州某国はチェルノブイリの悪夢を身近に経験していることもあってか放射能汚染などに対しては非常にナーバスで、今回の福島原発の事故に対して非常にピリピリしていた。そして今日の状況悪化に至って、とうとうマネージャーがトンズラをこいた帰国命令を受けて帰国した。

結果、今日の仕事が途中で中止。明日以降もとりあえず今週中はキャンセル。業務再開もいつになるか分からない。ハァ~、日雇い労働者の我々にとっては死活問題ですよ。何でもいいから早く収束して欲しい。

まあ、それでも震災被害者の方々に較べれば失うものは小さいんだけどねェ。

安否

今回の地震で甚大な被害を受けている石巻市には嫁の実家がある。両親からは地震直後に携帯でメールが入ったものの、それ以後は音信不通なのが心配の種。また周辺には親戚も多い。壊滅状態と伝えられる女川町には叔母の家もあるが、そちらも消息不明だ。

かといって自分達に何かが出来るというものでもない。とりあえず出来ることといえば、あちこちの報道で安否の手掛かりを得ようとすること。しかし現時点まで何かの手がかりになるような情報は無い。まあ、祈るしか無いんだろうなあ。

エリカはそんな事情を知ってか知らずか、いつもほど相手をしてもらえないのでタワーのハンモックから外を眺めていた。

elica_20110314230419.jpg

ちなみに地震の起きた時、自分は仕事で東北道の那須塩原近辺を走行中だった。高速走行中でもハッキリ分かる揺れを経験したのは、じつは初めてではない。なので最初は「おー、また結構大きいのが来たな」程度にナメて考えていた。しかしその揺れがなかなか収まらないうちにさらに激しい揺れがやって来るに至って、事態が洒落にならないものであることを認識した。

結局、東北道は通行止めとなり、大渋滞かつ一部停電で真っ暗な一般道を走ってS県S市の職場に帰り着いたのは日付が変わるちょっと前。さらに渋滞を避けながらいつもとは違うルートで帰宅した頃には疲労困憊だったが、被災者の方々に較べればこんなものは苦労のうちに入らないよなあ。

なんにせよ、一人でも多くの人が無事であることをお祈りいたします。

練習好き

今日は仕事が休みなのでゆっくり起きてパソコンなんぞをいじっていると…

elica1_20110309134155.jpg

「そんなヒマがあったら、アタックにゃんばーワンを目指す鮎原こずえりか様の練習相手をしなさい」
と愛用のウニ"球"を持ってやってきた。

あー、はいはい。

右利き

ネズミや猫じゃらしの取ってこい遊びは相変わらず熱心にやっているが、最近になってバリエーションに加わった遊びがウニ玉アタック。下からトスを上げてやるとすかさずアターック!!

近めの球も

atack1.jpg

遠めの球も

atack2.jpg

結構な確率でクリーンヒットする。

動画だとこんな感じ。



観察してみるとほとんどの球は右手でアタックしている。ってことはエリカは右利き?

で、この日記用の画像作りなんぞをやっていたら、「そんなことよりもっと投げてよ!」と腕の上にウニ玉を置かれてしまった…。


addition.jpg

オマケ。
フォームをチェックしてるらしいです(嘘)。

addition2.jpg

飛ぶ?

お気に入りのタワーでエリカが待っているのは…そう、ネズミ。

tower_20110304213535.jpg

こっちが忙しくて構ってやらないと、オモチャ籠から自分で引っ張り出してきて机の上に乗せる。
で、「こいつ早く飛ばないかな」という眼差しでじ~っと凝視。

desk.jpg

はいはい、投げればいいんでしょ、投げれば。

最近エリカがよく遊んでいるネズミのおもちゃは色違いで数種類のバリエーションがある。比較的自然な色合いなのが青/ベージュ、コントラストがハッキリしていて追いかけやすそうなのが赤/白といったところだが、何故か一番のお気に入りは黄緑/紫という、妙にサイケな色のヤツ。

elica_20110304213536.jpg

コイツを適当に放り投げてやっていると、飽きるまでというか飽きる事無く追い続ける。猫の目には見えやすいのかな、この色。

そういえば窓際にキャットタワーを増設してからというもの、カーテンレールの上を歩くことを覚えてしまったエリカ。最初のうちはおっかなびっくりのへっぴり腰で見ている方がハラハラするような歩き方だったのに、最近は大分安定感が出てきた。

curtain.jpg

でもさすがにUターンするには狭いらしく常に一方通行。できれば板でも渡して本格的なキャットウォークにしてやりたいところだが、さすがに土台がカーテンレールじゃ強度的に厳しいだろうなー。

ガソリン

先月あたりにガソリンの卸価格が上がったので小売価格も近々値上げ、という話は聞いていたが、今日、自分のクルマに給油してみてビックリした。比較的近場のスタンドの中では安いと評判の店で入れたにもかかわらずハイオクがリッター150円。年始に130円台だったのが嘘のようだ。

gas.jpg

ちなみに給油時のトリップで燃費を計算してみると10km/Lを少し上回る程度。100km走行あたりの燃料費では1,400円強といったところになる。まあ、このくらいだと燃費のバラツキの方が明確な差になって現れるから、深刻というほどじゃないのかなあ。

meter.jpg

「そんな無駄なものにお金を使うなら私のオモチャとオヤツ買ってきてよ」とでも言ってるのかな。

elica_20110303214408.jpg
プロフィール

きくかわ

Author:きくかわ
シンガプーラのエリカは09/10/05生まれ
スフィンクスのさおりは15/06/06生まれ
最近は主に小径車に乗ってますがロードレーサーとMTBも好き
愛車紹介等は「きくかわおさむの自転車生活」にて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。