抜糸

当初は水曜日か木曜日に抜糸予定のエリカさんだったが、獣医さんに連れて行ったら傷の具合があまり良くないとのこと。結局今日まで包帯グルグル巻き状態に逆戻りしていた。

で、今日、再度獣医さんへ。「自分で舐めてしまった部分が若干腫れているものの中身はくっついているので大丈夫でしょう」と診断され、晴れて抜糸となった。

抜糸後も一応大事を取る意味で、この週末の間はネット包帯とエプロンを装着。でもすぐに捲れ上がってきて見事な巨乳と谷間が…。

elica1_20100814232910.jpg

まあ、それはともかく驚いたのは、昨日までは何をするにしてもソローリソロリとしか動けなかったのに対し、いきなり手術前に戻ったような元気さを取り戻したこと。縫合状態ってそんなにストレスだったのかと思い知らされた。猫じゃらしへのトンネル越しアタックなんかは以前より鋭さを増してね?

elica2_20100814232910.jpg

元気なことは良いことだけど、とりあえず傷口が開かない程度にお願いしますね。

術後5日経過

避妊手術から5日が経過したエリカ。飲ませている抗生物質のせいかちょっとお腹が緩めではあるものの、徐々に元気を取り戻しつつある様子だ。

今日は留守番していた昼間に術後服を脱いでしまっていた。なので今は洗い替え用に用意したエプロンを着用。術後服同様それなりに違和感はあるようだが、まあ、あと数日の辛抱だからもうちょっと頑張っておくれ。

elica_20100810221229.jpg

ちょいグロ

エリカの術後は基本的に良好そうだが、気掛かりな点が無いわけじゃない。それはウンチが出ないこと。どうも手術の日以降出ていないようだ。

さすがにちょっと心配になったので獣医さんに相談してみたところ「包帯で締めつけられているせいかもしれないので一度包帯を外してみましょう」ということになった。

elica_20100807231856.jpg

そんなわけで再度獣医さんへ連れて行き包帯を外してもらう。すると傷口はかなり塞がってきているらしい。若いから回復が早いのかも。それに術後服を着せていることもあるので、結局包帯は巻かずに済ますこととなった。

で、露になった傷口がコレ。2~3針縫ってある程度を想像していたのだが、8針の大きな傷だった。やっぱり痛々しいね。

abdomen.jpg

包帯の締めつけが無くなったせいか、家に帰って来たら早速うんち1回。まだ量はやや少なめだが、この分ならじきに正常に戻るかな。

退院

結局エリカの避妊手術は予定どおり、昨日、手術のため入院。そして今日には無事退院した。包帯でぐるぐる巻きにされたお腹が痛々しいが、まあ、いろいろと事情があるから勘弁しておくれ。

elica_20100806220500.jpg

ちなみにエリザベスカラーの装着は無し。あれはストレスになりそうだからね。つけずに済んで良かったね。用意しておいた術後服はいい具合に役立っているようで、これも良かった良かった。

あとは早く元気に恢復してくれるのを待つだけ。

過呼吸?

エリカはこれまでに何度か、ちょっと激しく遊んだ後に口を開けて妙に早く荒い呼吸をすることがあった。心配になって獣医さんに診察してもらったところ「現状でとくに問題は無いけれど今度そういうことがあったら動画を撮ってみてください」とのこと。

で、つい先日も同じ症状が出たので、早速デジカメで動画撮影した。慌ててたのでワンポイントカラーモードになっちゃってるのはご愛嬌だが、こんな感じで「ハッ、ハッ、ハッ、ハッ」とやってくれる。



これは相当ヤバいんじゃないかと思わせるような仕草だが、この状態でも猫じゃらしには凄い勢いで突撃してくる。なんなのよ。

今回も一応その日のうちに獣医さんに連れて行く。今回は横隔膜ヘルニアを疑ってレントゲンも撮ってもらった。

xray1.jpg

xray2.jpg

診察の結果、横隔膜ヘルニアの心配は無さそう。他にもとくに異常は見られず、結局は単に興奮しすぎてるのでは? とのことだった。まあ、それだけならいいんだけどね。

相変わらず家ではちょっと変な格好で寝てることが多い。

elica_20100801225310.jpg
プロフィール

きくかわ

Author:きくかわ
シンガプーラのエリカは09/10/05生まれ
スフィンクスのさおりは15/06/06生まれ
最近は主に小径車に乗ってますがロードレーサーとMTBも好き
愛車紹介等は「きくかわおさむの自転車生活」にて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク