スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王滝仕様Gaap再び

スイングアームピボットをオーバーホールしたら、ベアリングが逝っていることが判明したポリッシュGaap。しばらく完バラ状態で放置してあって、外したMTB用のパーツはリンスキーを稼働状態にするために使っていた。

でも、Gaap仲間で出ようとしていた5月のAACRのエントリー峠で玉砕したため、同日開催の王滝にエントリーする公算が高くなった。なのでポリッシュGaapはとりあえずベアリングだけ新品交換して、ほぼ以前の状態で組み直してみた。

gaap_lite_lefty.jpg

じつはピボット部はちょっと問題があって、多分もう一度バラして組み直すことになりそう。あともともと重くて交換しようと思ってたリアハブのフリーの動きが怪しくなってきたので、これも近々組み直し予定。考えてみたらハブは随分前に調達しておいたんだよなぁ。

復活させる際はクランク周りをロード用コンパクトにして、リアにロー40Tか42Tを入れようと思ってたけれど、とりあえず今回はMTB用トリプルのまま。一応新品のコーラスCTは手元にある。でもなんとなく新品使うのは勿体無くなってきて、ROTOR Agirisのロード用コンパクトを使ってみようかなって気になってきた。

でも問題なのは、チェーンリングが無いんだよなぁ。48/34Tか50/34TのPCD=110の良さげなチェーンリングが手に入らないものかと画策はしてるものの、楕円のやつを嫌うと意外なほど選択肢ないのね。


なーんてことをやっていてしばらく猫sを放置しておいたら、相変わらず居場所争いに余念がないようで。

elisao_2017012413374351a.jpg
さ「アタシもそこに入れてよー」
エ「鬱陶しいわね。アンタはどっか行きなさいよっ!」
スポンサーサイト

Gaapいろいろ交換

元日ブルベでは地図の出るGPSを装着して走ったけれど、手持ちのLegend HCxではパフォーマンス的にやや苦しいところもあった。今後もブルベを走るのであれば新調するのも悪くないかなということで、同じくGarminのeTrex 30xを買ってみた。Legend HCxもeTrex 30xも自転車用というよりはアウトドア用のGPSユニットだが、ブルベのような長時間使用を想定すると、単3電池で運用できるものはやはり便利。あえてタッチパネル式じゃないものを選んだのも、グローブをしたまま操作できる点を重視したから。

garmin_etrex30x.jpg

で、GPSを入れ替えると、それを自転車に装着するブラケットも新調しなければならなくなる。ところが最近の自転車用ハンドルマウントブラケットは、そのほとんどがクランプ径31.8mmを想定しているので、26.0mmのウチのGaap(というかウチの自転車のほとんど)に取り付けるにはいろいろと苦労が多い。

じゃあこれを機に、ハンドルも31.8mmクランプに変えてみましょうかね。元日ブルベでは身体のあちこちが痛くなったから、ポジションを少し見直してみるのもいいかも。

bar_stem_saddle.jpg

ってことで、こんなものを買い込んでみた。

ドロップバーとステムは現在使ってるものと同じデダ製のもの。今までのハンドルが215アナトミックでリーチが86mm、ドロップが146mmだったのに対し、今回買ったゼロ100RHMはリーチが75mm、ドロップが128mmというコンパクトシェイプ。ステムは同じ80mmにしたので、従来より若干ブラケットが近くなるはず。

サドルはお尻や尿道に対する優しさで定評のセラSMPの中でも、スポーツモデルとしてはパッドが厚めのdrakonを選んでみた。まあ、こればかりは使ってみないと合うかどうかは分からない。そもそも今まで使ってたのも、お尻に優しいセラ・イタリアのフライト・トランザムだから、失敗の可能性も結構高いよなぁ…。

compare2.jpg

ちなみに、やっぱり気になる重量はというと、ハンドルは215が227gなのに対しゼロ100RHMは255g。クランプがオーバーサイズになったので、同グレードなら若干重くなるのは仕方ないところ。

compare1.jpg

ステムはニュートン26が125gに対し、ゼロ2が126g。本当はステムもゼロ100にしたかったところだけど、長さが80mmでいいかどうかは使ってみなければならないので、とりあえず半額程度で買えるゼロ2にしておいた。

saddles.jpg

サドルはフライト・トランザムが253gなのに対して、drakonは312g。フライト・トランザムはフライト自体が軽量サドルなので、コンフォートモデルでも流石に軽い。drakonはカタログスペックでは285gだから、誤差を見込んでもややサバ読み気味だねぇ。

compare4.jpg

装着状態を較べるとこんな感じ。バーテープは今回もフィジークの厚手のやつ。
ぱっと見そんなにフォルムが変わってる感じはないけれど、クランプが太くなった以外にも上ハン部分がやや扁平になってる分、全体的に太くなったように見える。肩から先は同じ太さなんだけどね。

compare5.jpg

横から見ると、やっぱりリーチが短くなって、下ハン握る部分が近くなってるのが分かる。

compare6.jpg

サドルの前後位置を同じにした状態で、サドル先端からブラケットの角の先端までの寸法は、従来が約660mmだったのに対して、交換後は約650mm。1cmほどブラケットが近くなった。下ハンはさらに近くなっているはずなので、これで少し乗ってみて近過ぎるようなら、ステムを90mmにする必要があるかも。楽に感じるならこのままでいいかな。

gaap_change.jpg

GPSはRECマウントでステム前方に装着して、下側にはヘッドライト用ブラケットも装着。edge500は多少見難くなるのを覚悟でステム上に戻し、ブルベで必須のベルもステム下側に装着したので、ハンドル自体には何も付いていない状態。見た目もスッキリするし上ハンを自由に持てて、なかなかGood。

gaap_change13.jpg

そんなわけで、この姿でしばらく乗り込んでみることに。うまく身体に馴染むといいなー。

元日ブルベ BRM101三浦200kmをミニベロで走る

Gaap乗りのお友達に、王滝、ブルベ、果てはPBPとどこでもGaapで走ってしまうYさんという人がいる。Yさんの地元は関西だけど、ブルベとなれば何処へでも行っちゃう。まあ、そのへんの常連さんたちはみんなそんな感じなんだけど。

そのYさん、今年の元日は東京のブルベに遠征してくるとのこと。しかもコースはこちらの地元も地元、二子玉川がスタート/ゴールだとか。こりゃ、お付き合いしないわけにはいかないですね。

ということで、同じく都内在住Gaap仲間のMさんと私を加えた、Gaap3台体制で新年早々200kmのブルベを走ることになった。

とはいえ、こちらはブルベのようなロングを走るのなんて8年ぶり。当然、以前はロードレーサーで走ってるから、Gaapでの参加は初めてのこと。Mさんに至ってはブルベ自体が初参加。それでこの寒い時期の0:00スタートとは…。

いくら一番短い200kmとはいえ、結構無謀な気もするんですけどねー。まあ、走る前からいろいろ考えても仕方ないので、用意だけはしっかりして気楽に行きましょう。

brm101miura200gaap1.jpg

使用するGaapは、基本的には通勤車仕様にちょっと手を加えた程度。ただし一緒に走る2台のGaapがいずれも451ホイールなので、いざという時のチューブ等の使い回しを考えて、406で組んでいた自分のハブダイナモホイールは451に組み替えた。夜のブルベはダイナモライトが一番気楽だしね。

今回は距離こそ200kmだけれど、夜間走行が長いので灯火類は400km以上と同じものが要求される。具体的にはヘッドライトは2灯以上。テールライトも常時点灯可能な自転車本体に固定されたものが2灯以上に、ヘルメット尾灯も必須となる。

brm101miura200gaap2.jpg

最終的にヘッドライトはフォーククラウン部にダイナモライト、ハンドルにDosun A2と予備のGENTOS閃。

brm101miura200gaap3.jpg

テールライトはサドル下に1灯に加え、サドル下の小さいサドルバッグを取り払って、シートポストにバッテリー交換なしで15時間常時点灯可能なキャットアイの5灯テールライトを取り付けた。リクセンカウルのシートポストバッグの後ろにもオマケでもう1灯。小サドルバッグに入っていた中身は、ダウンチューブ下に装着したツール缶へ移動した。

brm101miura200gaap4.jpg

最近のブルベでは常識的な装備となりつつある地図表示可能なGPSは、ちょっと古いけどGarminのLegend HCxに、ルートラボのトラックデータを放り込んで装着した。

ちなみに今回走るBRM101三浦200kmのコースはこんな感じ。



概要としては、まず二子玉川の多摩川河川敷にある兵庫島を出発して、R246、港北ニュータウン、厚木基地の南側、小田原厚木道路の側道と西へ進んで行き、東海道本線の二宮駅近くのコンビニが最初のチェックポイント(CP1)。そこからUターンする形で大磯、江ノ島、鎌倉と東へ向かい、そこからは三浦半島の海沿いを反時計回りでグルっと回る。逗子、葉山を抜け、三浦半島南端の三崎のコンビニがCP2。そのまま三浦半島の東側を北上し、横須賀、横浜、川崎を通って、再び二子玉川まで帰って来る。

そんなわけで、大晦日の夜も更けた23時過ぎの二子玉川駅前で、大阪から輪行でやってきたYさん、見送りに来てくれたNちゃんと合流。兵庫島の新二子橋下に設けられたスタート地点でMさんとも合流した。

暗闇の河川敷をおびただしい数の自転車の灯火がぼんやりと照らす、なんとも異様な雰囲気。そんな中、続々と参加者が集まって来て、受付やらスタートの準備が始まった。

brm101miura2001.jpg

年の切り替わる20分ほど前からは、コースの注意点等が説明されるブリーフィング。知らない人が見たら、怪しい宗教活動かなんかだと思うかもw

brm101miura200.jpg

元日の0:00から自転車で200km走るという、なんとも変態じみた(w)イベントにも関わらず、集まった物好きはじつに100名以上。さすがにこの人数だと一斉にスタートするのは物理的に難しい。なのでカウントダウンとともに新年を迎えたあとは、小グループに別れて5分刻みのウェーブスタートで闇の中へと走り出していくことになった。

我々Gaap3人衆はウェーブ2のグループ。形式上は10分遅れのスタートだ。しかし実際には出掛けに車検を受ける形になるため、走り出したのは概ね0:20。ウェーブスタートによる時間の後ろ倒しが考慮されるのは10分だけなので、約10分は自腹を切ることになる。この10分の差が、後で重くのし掛かってくることになった。

スタート地点を後にした我々は、「今回は全行程俺が引く!」と豪語するYさんを先頭に、3台のGaapを連ねてコースをひた走る。が、港北ニュータウンを抜けるあたりまではとにかく信号の繋ぎが悪い。ほとんど各駅停車状態。そんなにのんびり走ってるわけじゃないのにアベレージは上がらず、メーターの平均速度は13km/h台を表示する有様だ。想像以上に序盤で時間を消費してしまった。

その後、平塚の先のコンビニでトイレ休憩した時点で時間を確認すると、CP1の本来のクローズ時刻には間に合わないかも…?!。ウェーブスタートの10分を差し引いても、ちょっとマジで走らないとマズい計算ですよ。

いきなりCP1で足切りというのもシャレにならないよなー…ってことで、ここで少しペースアップ。結局、ウェーブスタートの補正分を使い切ってもギリギリのタイムで、なんとかCP1到着した。こんなはずじゃなかったんだけどねぇ。

brm101miura2002.jpg

とりあえずCP1にさえ間に合えば、余程のトラブルがない限りは、それほど慌てる必要はないはず。ただ、ここからしばらくは海沿いの単調な道が続く退屈な区間で、しかも夜なのでどのくらい進んだのかを感覚的に掴みにくいし、下手をすると眠気にも襲われる。多少のマージンを確保する意味でも、淡々とペダルを回して走り続ける。

しかし当初の予定よりも全体的に遅れ気味となってしまったことが祟って、本来は三崎かその先あたりで初日の出を迎えたかったのが、三崎口より手前で夜が明けてしまった。まー、しゃーないね。周りには他の参加者もチラホラ見えるので、ウチらだけが極端に遅いわけでもなさそうだし。

brm101miura2003.jpg

そうこうしながらも、7時過ぎにはCP2のある三崎に到着。

brm101miura2004.jpg

コンビニで通過証明となるレシート貰いがてら弁当を買ってがっつり補給、&一休み。

brm101miura2005.jpg

あとはゴールまでCPは無いので、13:30までに二子玉川まで帰れば完走できる。はずだけど、まだ90kmほど残ってるんだよねー。一番短いブルベとはいえ200kmは長いね。

brm101miura2006.jpg

三崎から丘の上へ登っていくと、名物の大根畑越しに太平洋と元日の太陽。

brm101miura2008.jpg

三浦半島越しに富士山が見えるポイントを通過し、

brm101miura2007.jpg

先日CarryMeで走った時にも立ち寄ったペリー公園にも寄りながら、

brm101miura2009.jpg

途中から猛烈に痛み出したオケツを騙し騙し、なんとか制限時間内にゴール地点の二子玉川に到着した。

brm101miura200 (1)

CP通過やゴールの到着判定は、コンビニのレシートで証明するので、コレが重要。記入したブルベカードと一緒に封筒に入れて近くのポストに投函したら、今回のミッションは終了也。

時間的には結構ギリギリだったけど、それでもGaapでブルベ初完走! ヤッター!!
終始先頭を引き続けてくれたYさんや一緒に走ってくれたMさん、元日から自転車遊びのネタを提供してくれたAJたまがわのスタッフの方々には感謝するばかり。有難うございました。

brm101miura200gaap.jpg

それにしても、はー、疲れたっす。( ´д`)

京急サイクルトレイン powered by Pacific Cycles Japan

自転車を電車の乗せる場合、通常は輪行袋と呼ばれる専用のバッグにキッチリと収めなければならない。ところが例外的にそのまま持ち込めるのが、時々、鉄道会社とのコラボイベントとして行われる「サイクルトレイン」というもの。以前から興味はあったものの、そう頻繁にあるものでもないので、なかなか参加する機会が無かった。

ところがネットを徘徊していたところ、京急とパシフィックサイクル・ジャパンが、パシフィックサイクル製の折り畳み自転車を対象としたサイクルトレインを運行するという話を見つけた。幸い今年の5月に8インチの超小径車、CarryMeを購入してるから参加資格はある。行き先は三浦半島で、昼食は三崎でマグロ。内容的にもなかなか美味しそうなので、早速申し込んでみた。

20161023_cycle_train1.jpg

そんなわけで、今回の自転車はコレ。8インチの超小径でシングルギアながらも、チョイ乗りでは結構よく走ってくれる。

20161023_cycle_train2.jpg

集合場所の品川駅に着き受付を済ませたら、ホームへ上がって専用列車が来るのを待つ。CarryMeとBirdyが続々と集まって来た。

20161023_cycle_train3.jpg

「貸切」の専用列車が入線。

20161023_cycle_train4.jpg

進行方向向かって左側のシートにはビニールのカバーとバーが取り付けられている。サイクルトレインは普通、乗れる状態の自転車をそのままの形で電車に乗せるものなのだが、今回は折り畳み自転車のアピールということもあり、CarryMeは畳んで立てた状態での搭載となった。

20161023_cycle_train5.jpg

スペシャルゲストとして初代ミニベロ親善大使で俳優の石井正則さんも参加。

20161023_cycle_train6.jpg

1時間ちょっとで三浦海岸駅に到着。駅前で自転車を展開した後は、基本的に自由行動で三崎を目指す。

CarryMe用のおすすめコースは、最初の登り区間をバス輪行して油壺経由で三崎に入るというものだったが、流石にそれじゃ面白く無い。ので自走することにした。

でもCarryMeで長い距離を走ったことなんてないので、どの程度の平均速度が出るのかは未知数。無理をして帰りの電車に間に合わなかった…なんていったら洒落にならないので、とりあえず最初のうちは大事をとり早め早めを目指して走ることにする。

まずはバス輪行と同じコースでR134を南下。引橋は左方向で県道を進む。ここがしばらく登りで、シングルギアのCarryMeだと結構脚にくる。

そして油つぼ入口を右折したら、1kmちょい走って左折でヨットハーバー脇へ降りていく。このへんは昔、頻繁に三浦半島一周してた頃に逆向きに走った道で懐かしい。

20161023_cycle_train7.jpg

久々に来る油壺。

20161023_cycle_train8.jpg

で、せっせと走ったら、程なく三崎に到着してしまった。この時点で10時過ぎ。予定のスケジュールよりかなり早く着いてしまったので、あるはずのチェックポイントも見当たらず。店が混む前に昼食を取るにしてもちょっと早いので、そのへんを軽く走って来ることにした。

20161023_cycle_train9.jpg

ということで城ヶ島大橋までえっちらおっちら登って記念撮影。ここもシングルギアで登るのはキツいわ〜。

城ヶ島へ降りることも考えたけれど、昼時までに岬に戻ることを考えると無理はできないので引き返すことに。でも後から気がついたら、城ヶ島のお店でお昼を食べるのも可だったのね。大失敗。

20161023_cycle_train10.jpg

そんなわけで頃合いを見計らって三崎に戻り、出発時に渡された”まぐろきっぷ”で昼食。先日行った大島も魚が美味かったけど、ここのまぐろやウニもなかなかイケる。

この後は三浦海岸へ戻ってから浦賀へ向かうのが今日のコース。なので渡された地図通りに三崎公園からの登りを走り始めた。しかし考えてみたら、これじゃすぐに来た道に戻ってあっという間に三浦海岸へ着いてしまってやはり面白くない。

ならば渡された地図の裏側にBirdy用として記されている方のコースでも走りますかね。と、城ヶ島入口まで登ったところで右折して再び城ヶ島大橋の方へ。そして橋の手前を左折し、Birdy用コースへと乗り入れた。

20161023_cycle_train11.jpg

こちらのコースは剱崎の方をぐるっと回るルートで、やはり以前よく来たところ。久々に風力発電の風車前で記念撮影なんかもしてみた。

海沿いを基調とした道をしばらく快適に走ると、金田漁港を通り抜け三浦海岸へと戻って来る。三浦海岸駅の入口をちょっと過ぎたところには第2チェックポイントがあるのだが、道路の右側にあると思い込んでいたため、あわや通り過ぎそうになってしまった。が、声をかけていただき無事通過チェック完了。

コースが快適で天気も良かったせいか、ここまではCarryMeでも想像以上にいいペースで走ってしまった。なのでスケジュール的にはここもちょっと早く着きすぎ。すぐ先にあるミニストップでコーヒーブレイクしながら時間調整することにした。

20161023_cycle_train12.jpg

その後、野比でR134から海岸沿いの道へ乗り換えしばらく走ると、第3チェックポイントはペリー記念館。ここでも時間的にはかなり余裕があるので記念館の中も見学。

第3チェックポイントからゴールとなる浦賀駅までの間をGoogleマップで見てみると、千代ヶ崎あたりに砲台跡があるらしい。ついでだからそこも立ち寄って見ましょうか、と向かってみると…。シングルギアの超小径車で走るには無茶があるような急坂が延々と続く。

20161023_cycle_train13.jpg

それでも意地で登って行っても、結局は防衛省の結界に阻まれて直近までは行けず仕舞いだった。無念。

時間はまだ余ってる。なので浦賀駅を一旦通り過ぎて観音崎へと向かったものの、灯台までは自転車で行くことができなさそうでここも玉砕。頃合いを見てUターンした。

20161023_cycle_train14.jpg

最後の最後で、せっかくだから浦賀の渡し舟に乗ってみた。

20161023_cycle_train15.jpg

ちなみに第1〜第3のチェックポイントでは、通過チェックをすると記念の缶バッジと水を貰えるので、缶バッジは計3つをゲット。さらにMIXIでコミュを開いているという方が別イベント用に作った缶バッジも頂いて、都合4つの缶バッジが今回の戦利品となった。

20161023_cycle_train16.jpg

帰りの電車も往きと同じく貸切の専用車なのだけれど、品川駅に着いた段階で流れ解散し、一般の乗降客がいる中を移動しなければならない。なので折りたたみ+輪行パッキングが必須となる。

とはいえ車両はガラガラ。こんな感じで足元に寝かしておくだけでOKだった。

ちなみに今回の走行距離は、自宅からの往復を含めて7〜80kmといったところ。CarryMeでこれだけ走って、景色も食事も良好というのだから、内容的にはなかなかいいセンだったと思う。おすすめコースそのままにバス輪行を組み合わせれば、初心者だって結構楽しめたんじゃないだろうか。

こういうイベントで裾野が広がるといいね。

東京グランフォンド

Gaap仲間のMさんの「このイベント面白いんじゃない?」という話から始まった「東京グランフォンド2016」への参加。体育の日の前日の日曜日に、今シーズン3回目のGaapでのイベント参加として行ってきた。

グランフォンドというのはイタリア語で長距離移動の意味。レースのような競技ではない、いわゆるロングライドイベントのことだ。ただしイタリア発祥らしく主に山岳地を舞台にした大会が多くて、この東京グランフォンドも青梅を起点に奥多摩周遊道路で風張峠を越えてから、檜原村〜武蔵五日市を経由して梅ヶ谷峠を越え青梅に戻るというお山を含めた周回コース。距離は約100kmとなっている。

この手のイベントは普通の人ならロードレーサーで参加する。でも大きな峠は風張峠ひとつで距離が100kmなら、まあ、Gaapでも走れないコースじゃない。ただ注意すべきは8時半にスタートしてから距離にして42kmほど、奥多摩周遊道路に入って3kmほどのところにある“山のふるさと村キャンプ場”にチェックポイントがあって、ここを11時に通過しないと足切りとなってしまうことだ。

もっとも足切りになったからといって即リタイヤというわけじゃない。風張峠のすぐ先にある都民の森まで回収車での移動となって、全部自走したのとは違うB完走扱いとなるだけ。それにアベ17km/hで走ればいいわけだから、なんとかなるでしょう。

今回一緒に参加するのはMさんと自分のほか、同じくGaap仲間のNちゃん。しかNちゃんは前日にGaapのブレーキワイヤーを切ってしまい、急遽、同じ20インチ小径車のガゼルでの参加となった。

先々週の大島の三原山ヒルクライムや、先週の2トレMTB遊びは天気に恵まれたけれど、今週末は残念ながら雨の予報。気温もあまり上がりそうに無いので、装備はゴアのレインウェアまで用意する重装備となった。なのでサドルバッグは通勤用のデカいやつを装着し、補給食を含めいろいろ詰め込む。

20161009_tokyo_granfondo1.jpg

案の定、スタート会場の青梅市成木市民センターに車で到着した直後には、ポツポツと雨が降り始めた。

20161009_tokyo_granfondo2.jpg

左の自分のGaapは筑波9耐の時と同じく、ampフォーク+406ホイールの通勤仕様からカーボンフォーク+451ホイールへ変更。右のMさんのGaapも筑波仕様のままのリジッドレフティ。中央は急遽オンロードホイールに履き替えたNちゃんのガゼル。今回、我々以外に小径車で参加していたのは、タイレルに乗る方がひとりいたようだ。

20161009_tokyo_granfondo3.jpg

スタート前には雨が本降りとなり、参加者は市民センターの建物の中で雨宿り。こういう施設がスタート地点だといろいろと有難い。

20161009_tokyo_granfondo4.jpg

そして相変わらずの雨の中、いよいよスタート。足切りに対して少しでも余裕を持ちたいので、とっとと並んで第1グループでスタートすることができた。

スタート後はロードレーサーの速い人がビュンビュンかっ飛んでいくのを見送りながらマイペースで青梅街道を西へ向かう。Nちゃんは最初から回収車ワープを期待しているので(笑)、とことんマイペース。自分とMさんはしばらく一緒に走っていたのだけれど、途中でちょっと離れてしまったうえに、小河内ダム脇の駐車場でトイレに入ってたりしていたら完全にお互いを見失ってしまった。

最初のチェックポイントには足切りまでは、とりあえず35分ほど余裕を持って到着。しかしMさんとの合流はうまくいかず、その後は単独で風張峠のヒルクライムとなった。雨は小雨程度なので、レインウェアは抜いでウィンドブレーカーを羽織って登る。

Gaapは基本がフルサスのMTBだから、いくら軽くしても常識的なパーツを使っている限り10kgを切るのは難しい。なので登りのペースはそれなり。それでも大ダレはせずには済んだので、6〜7台のロードレーサーに抜かれるが、同じくらいの台数は抜きながら峠まで登りきれた。

20161009_tokyo_granfondo5.jpg

せっかくだから定番の「東京で一番高い道路」標識の場所で記念撮影。雲の中なので景色は何も見えず。

20161009_tokyo_granfondo7.jpg

峠からちょっと降ったところにある都民の森が第2チェックポイント。ここはいつも多くの自転車乗りが休憩している場所だが、この日はグランフォンド参加者でさらに賑わっていた。

スタート時に1枚100円相当のフードチケット10枚が支給されているので、それを使ってお昼ご飯を食べることに。

20161009_tokyo_granfondo6.jpg

概ね食べてしまっているし、テント下なので色が変だけれど、チケット6枚で食べられるカレーライス。

20161009_tokyo_granfondo8.jpg

さらにチケット3枚で焼き団子withくるみ味噌。

この時点でやっと、MさんとNちゃんがまだ後方にいることがLINEのメッセージで分かった。なので二人の到着を待とうかとも思ったのだが、しばらくすると身体が冷えて寒くなってきたため、止むを得ず先に下山して檜原村まで行くことにした。

都民の森〜数馬〜檜原村は基本的に降りが続く。雨はほとんど止んだものの路面はウェットなので、前輪の巻き上げる水飛沫を浴びながらの走行となるのに加え、気温もあまり高くない。ここでもゴアのレインウェアが大活躍した。

20161009_tokyo_granfondo9.jpg

檜原村役場ではカフェに入って、残り1枚のチケットを消費。窓の外の緑がきれいな席でしばし休憩したが、キャパが大きな店では無いのであまり長居はできない雰囲気。なのでここでもMさんやNちゃんを待つことは諦め、単独のまま先へ進むことにした。

緩い下り基調で武蔵五日市を過ぎると、波状攻撃的に短い登りが現れ、そのまま梅ヶ谷峠を越えて青梅街道へ。さらに吹上トンネル方向への登りを越えると、ようやくゴール。

20161009_tokyo_granfondo10.jpg

スタートの受付と同じテントで最後のゼッケンチェック。

20161009_tokyo_granfondo11.jpg

完走証と参加賞を貰って終了。2時前にはゴールできたから、所要時間は5時間半ほどだった。

車に戻って片付けをしてるうちにMさんもゴール。狙い通り(笑)の風張峠ワープでB完走扱いのNちゃんも程なく帰ってきた。

帰りは村山温泉に立ち寄って汗を流しスッキリ。イベント遠征はこういう時間がまた楽しいんだよねー。で、3人共通の感想としては「スタート〜昼過ぎの雨には少々参ったけれど、終わってみれば結構楽しかったね」というもの。やっぱりイベント参加は特別感があっていいもんだね。

20161009_tokyo_granfondo12.jpg

ちなみに参加賞はランや自転車で走る時に小物を入れることを想定した小振りで軽量なバックパック。実践的な工夫が盛り込まれててなかなか便利そう。

20161009_tokyo_granfondo14.jpg

ついでにこんなイベントも出てみませんかと渡されたのが、11月20日に開催される鶴峠サイクルマラソンのパンフレット。距離は45kmと短めだけど、その時期は寒そうだよなぁ。

20161009_tokyo_granfondo13.jpg
「こんなんチョロいでしょ」

いや、そんな気楽に言わないでよ。

久々の2トレ

先日の王滝から帰って来てMTB仕様Gaapを全バラし掃除してたら、スイングアームピボットのベアリングがお亡くなりになっているのが発覚。

20161002_gaap.jpg

そのままにしておくわけにもいかないので、こんな状態で交換用ベアリング待ちとなった銀Gaap。ベアリングが届いたとしても、どうやって組むかも考えないとねぇ。

で、その間、オフロードを走れる自転車がないのは寂しいので、しばしフレーム単体状態になっていたリンスキーにパーツを再移植して復活させてみた。

20161002_lynsky.jpg

そんなことをしていたら、やましたさんから、たまには2トレ走りに行きましょうというお誘い。有難し!! 当然、ご一緒させてもらうことにしましたよ。

2トレは木の根が張っている部分が多いシングルトラックなので、小径車で走るにはなかなか厳しくて足が遠のいていたけれど、26インチならそこそこ楽しく走れる…はず…だよなぁ。

しかし2トレなんて4年ぶりくらい。このペースじゃいつまで経っても道を覚えない。

20161002_2trail2.jpg

話が急だったこともありルーフキャリアを取り付けるのも面倒なので、自転車は適当に中積みして集合場所へGo!

20161002_2trail1.jpg

今回集まったのは自分とやましたさんの他、久々に顔を合わすうっかりさんと、やましたさんのオートバイ仲間のへっぽこさんの計4名。自転車はフレーム素材がカーボン、クロモリ、チタン、アルミとフルラインナップでしたよ(笑)。

20161002_2trail4.jpg

今回は最初から南エリアへ乗り入れたが、しばらく天気が悪かったせいもあって、路面は水で削られて凸凹度が上がっていたり、土の部分が妙にスリップリーだったりと、結構難易度高し。

20161002_2trail5.jpg

チャレンジ坂も見た目以上にトラクションがかかりにくく、みんなそこそこ苦戦してた。でも、こういうのって楽しいんだよねー。

20161002_2trail6.jpg

その後はいつもの尾根筋道を通り、最後はこれまたいつもの盾のオブジェがある場所の東屋脇で休憩。

秋雨&台風の合間を縫うような奇跡的な好天の中でのMTB遊びは、やっぱり楽しかった〜!!
しばらくオフロードはリンスキーで対応することにしよう。

しかしfc2ブログって動画を載せるのがいろいろ大変なんだねー。今回はチャレンジ坂で結構動画を撮ったけど、うまく貼り付けることができなかった。残念。

三原山ヒルクライム2016 モニターツアー 2日目

ヒルクライムの翌日は、伊豆大島1周ジオパークライドと伊豆大島グルメライドの2つのコースが選択可能になっている。我々が選んだのは後者。自分は前回来た時にGaapでほぼ1周ライドをやっているし、せっかく夫婦で来たのだからここはグルメでしょう(笑)。

20160926_miharayama-hc19.jpg

8時に元町港の会場に集まった参加者たち。

グルメライドとはいえ食べ物以外の観光をしないというわけじゃない。大島一周道路を1周組とは反対の反時計回りに走って(ややこしい(笑))、まずは定番の地層大切断面見学。

20160926_miharayama-hc18.jpg

ドカンと隆起してウネウネっと曲がったバウムクーヘンのような地層が、延々と続く風景は凄いの一言。しかもこんな道路っ側。大島に来たら外せない観光スポットです。

ここにも先回りして設置されたサイクルラックが並び、エイドステーションのテントでは地元銘菓と、スポンサー様提供の梅丹補給食&サプリが振る舞われる。

20160926_miharayama-hc17.jpg

説明を聞きそびれたけど、明日葉を使った和菓子なのかな。程よい甘さと葉っぱの香りがGood!!

20160926_miharayama-hc16.jpg

続いて向かったのは大島南端の波浮港。海底まで透けて見える青いきれいな海が印象的。

20160926_miharayama-hc15.jpg

港の脇の小高いところに建つ古風な家屋は踊り子博物館。

20160926_miharayama-hc14.jpg

伊豆の踊子が住んでいた(?)とかいうところだそうで、

20160926_miharayama-hc13.jpg

こーんな部屋とか

20160926_miharayama-hc12.jpg

こーんな部屋で当時の様子を人形で再現している。らしい。

20160926_miharayama-hc10.jpg

その後は島の西側の来た道を引き返して、今回のツアーの締めとなるBBQ会場へ突入。

当初の予定では筆島へ行ったりアイスクリームを食べたりもするはずだったが、今回は帰りの船の時刻に間に合う範囲でBBQをゆったり楽しむことを優先し割愛。グルメツアーというにはちょっと寂しい感じだけれど、このへんを実際にやって調べてみるのもモニターツアーの目的だから仕方ないよね。さらなるグルメ探求は次回にチャレンジということで。

20160926_miharayama-hc11.jpg

で、地元の方に焼いてもらうBBQはといえば

20160926_miharayama-hc9.jpg

海の幸から始まり肉あり野菜あり焼きそばありで大満足。ごちそうさまでした!!

20160926_miharayama-hc8.jpg

そして元町港へ戻ると帰りにまたまたお世話になるさるびあ丸が待っていた。

20160926_miharayama-hc7.jpg

離岸時はテープセレモニー。

20160926_miharayama-hc6.jpg

お世話になりましたー!!

20160926_miharayama-hc5.jpg

三原山の山腹に前日登った御神火スカイラインがよく見えるのに再び感動。あー、今回も大島は良かったなー。

しっかし、この天気がスッキリしない時期に2日間通して好天の中で遊べたのは奇跡的。日頃の行いの良さの賜物ですな(笑)。

20160926_miharayama-hc4.jpg

帰路は椅子席が用意されていたのでリクライニングさせて寝ててもよかったが、昼間だし天気がいいので、しばしデッキで海を眺めながら過ごす。外洋の青い海はキレイだな。

20160926_miharayama-hc3.jpg

で、東京湾の入り口にまで帰ってくると…あれ、やっぱり随分と色が違うよ。

20160926_miharayama-hc2.jpg

さらに進むと前方に灰色のドームが出現。

んー、いつもはあの中で生活してるのね。うちら。

20160926_uraga.jpg

浦賀水道は軍用艦の航行も多い。これは海上自衛隊の潜水艦救難母艦ちよだ。

20160926_miharayama-hc1.jpg

そうこうしてるうちにレインボーブリッジを潜り竹芝桟橋に到着。これにて今回のモニターツアーは終了。

ちなみにモニターツアーの参加条件のひとつとなるアンケートへの回答も船内で書き込んできちんと提出。参加者みんなの意見を参考に、本番のツアーはさらに充実した内容になって、そしてさらに大島の復興や発展に役立ってくれればいいなー。

そして帰りがけにはペットホテルでさおりを引き取り帰宅。

20160926_elisao.jpg
さ「2日以上も放って置かれたんだから、早くこれで遊んでちょうだいっ!」
エ「あ〜、またこの五月蝿いのが帰ってきたのね」

キミらは相変わらずだねぇ。

三原山ヒルクライム2016 モニターツアー 1日目

大島の岡田港に到着したのは夜明け前の5:00。

20160925_miharayama-hc16.jpg

自転車は輪行袋に収めたままトラックに預け、我々はバスで行動起点となる元町港へ移動。

20160925_miharayama-hc15.jpg

元町港で輪行を解き自転車の準備と着替えを済ませる。ここから先はいつも我々に先行してサイクルラックが用意されるので、自転車の置き場所に悩むこともなし。有難いサービスです。

20160925_miharayama-hc14.jpg

船客待合所を使ってブリーフィングやら自己紹介やら。今回は天気が良かったけど、もし天気が悪かったらこういうちゃんとした場所が確保されているのも嬉しいですね。

その後はヒルクライムのスタートまでまだ間があるので、会場で寝る人もいれば近所を試走する人もいて、思い思いに時間を過ごす。我々も海岸沿いをちょこっとサイクリング。

20160925_miharayama-hc13.jpg

8年ぶりに来た観光名所(?)の鐘。

今回はヒルクライムと言ってもタイム計測するガチの競技じゃないので、自転車はGaapで来るという選択肢もあったのだけれど、輪行時の重さ等を考えて二人ともロードレーサーで参加した。最近はGaapで走る機会が多いのでライトスピードを引っ張り出すのは久々だなあ。

20160925_miharayama-hc12.jpg

最近はどこにもご当地キャラクターがいるようで、これは「スーパーあんこ娘」だそう。

20160925_miharayama-hc11.jpg

未明までの雨が上がった後は天気がみるみる回復。雲に隠れていた山頂ゴール地点もスタート地点から目視できるようになってきた。

20160925_miharayama-hc10.jpg

号砲によるスタートは開場前からだが、ここから火山博物館まではゆっくりペースのパレードラン。島に6箇所という信号を2つも通過するからね。

profile.jpg

コースプロファイルはこんな感じ。御神火スカイライン部分の距離は5.9kmとヒルクライムコースとしては長くはないが、標高差は519mあるので平均勾配は8.7%、最大勾配は14%と結構キツい。

20160925_miharayama-hc8.jpg

ところどころに景色のいい絶景ポイントがあるけれど、登っている最中はそれを楽しむ余裕があまりないのが残念。帰りも同じコースならゆっくり下りながら景色を堪能するんだけどね〜。

20160925_miharayama-hc7.jpg

ゼーハー苦しみながら(笑)も頂上の駐車場まで辿り着くと立派なゴールゲートが出現。しばらくまともに自転車乗ってないのでゴールできるかどうか不安だった嫁も、なんとかゴール。

ちなみにこのヒルクライムの様子は自転車雑誌が取り上げるほか、NHKがヘリまで出して取材し「首都圏ニュース645」等でその様子を流したらしい。後から教えてもらった情報では「NHK NEWS WEB(※公開終了した模様)」で動画付きでも見ることが可。序盤に辛うじて先頭集団に乗っかって走ってる姿が映ってた。

20160925_miharayama-hc6.jpg

頂上では地元の大島牛乳のアイスが無料で振る舞われた。

20160925_miharayama-hc9.jpg

絶景とミルクたっぷりの美味しいアイスでまさに至福。

20160925_miharayama-hc5.jpg

ゴール地点の先には三原山の火口。

20160925_miharayama-hc4.jpg

山頂の売店奥のレストラン席が確保されてて、ブッフェスタイルの昼食。一見オーソドックスなメニューも、地元の食材をふんだんに使う工夫がされている。

しかし走った後だというのに、これでもかというくらいの炭水化物(笑)。美味しいからいいか。

20160925_miharayama-hc3.jpg

今回の宿は「大陣」。鄙びた感じの和風ホテルだけど広い部屋を2人で使えるので気楽だった。

20160925_miharayama-hc2.jpg

部屋の窓から見える翌日の好天を予想させるきれいな夕焼け空。空気がきれいだと空の色も違う。

20160925_miharayama-hc1.jpg

夕飯はもちろん地元で獲れた魚を中心にした和定食。食後は疲れもあってあっという間に寝落ちた。

三原山ヒルクライム2016 モニターツアー 前日編

8年前の2008年にGaapオーナーズクラブのイベントとして大島サイクリングに参加させてもらったことがある。初めて行った伊豆大島は自転車で走り回るには程よいスケールだしヒルクライムはできるし食べ物は美味しいし温泉は楽しめるで、本当にいいところだった。なのでGaap仲間で集まる度に「また大島行きたいよねー」と話していた。

しかし2013年の台風第26号による土砂災害で、三原山へ登る御神火スカイラインのかなりの部分が崩壊。なんと以前我々が宿泊したホテル椿園も土砂で流されてしまった。これには心を傷めるばかりだった。

ところが先日、Twitterで嬉しい情報を目にした。御神火スカイラインの復旧と、その開通を記念して『三原山ヒルクライム2016』というサイクリングイベントが開催されるとのこと。さらにモニターツアーの募集まであるという。これはダメ元でも申し込んでおこうかと思い手を上げておいたところ…

なんと当選してしまった。2名一組で船代宿代食事代がタダ!! 無料じゃ復興支援にはならないような気もするけれど、それでも多少の経済の動きには貢献できるのかな。

日程的には王滝と東京グランフォンドの間の週末だから身体を休めておきたい時期だし、月曜日も休みを取らなければならないのはちょっと痛い。でもこれを逃す手はないよねということで、嫁と一緒に輪講袋に詰めた自転車を持って竹芝客船ターミナルへGo!

20160924_miharayama-hc2.jpg

前回と同じく大型客船での夜行便で行くので、集合は9:30。夜の客船ターミナルは生活として島との行き来をしてる人、釣り人、納涼船から降りてきた浴衣姿のおねーさん、海賊船コスプレな方々なんかが入り乱れてて、なんか独特の雰囲気。

20160924_miharayama-hc3.jpg

輪行袋を持った人たちが続々と集まってくる。募集人員は100名だけど、地元の方達の枠が20名分あるのでここから出発するのは80名。

20160924_miharayama-hc4.jpg

受付を済ませたら乗り込むのがこの「さるびあ丸」。

20160924_miharayama-hc1.jpg

2等和室というのは、いわゆる雑魚寝部屋で、小さな枕と床にテープを貼った区切り枠があるだけ。毛布は別途有料レンタルできるものの、睡眠に対してデリケートな人にはちょっと辛いかもしれない。でもまあモニターツアーだからね。これでダメな人は自分でそれなりの船室を確保すればOK。

20160924_miharayama-hc5.jpg

そんなわけで船は定刻の23時に竹芝桟橋を出港し、一路伊豆大島へ。

ちなみにエリカは家でお留守番。さおりは獣医さんのペットホテルで2泊。よろしくねっ!

20160924_elisao - 1
さ「え゛〜」
エ「たまには一人でのびのびするわ」

王滝後の顛末

ただでさえ王滝を走った後の自転車の掃除は大変なのに、今回のように豪雨の中、泥水溜まりをバシャバシャ走ってしまうと、ちょっと見はそれほど汚れてなくてもあらゆるところが泥(砂)の粒子だらけになる。なので汚れてるところをバラしていくと、最終的には全バラ状態になってしまうのが常だ。

20160921_outaki1.jpg

今回使ったGaapも例外じゃなく、汚れてそうなところを順次バラしていったら、結局スイングアームも外してこの姿になった。

ここで予想外…ってわけじゃないけど、予想以上のトラブルを発見。スイングアームピボットのベアリングのうち、片方がゴリゴリいってて、もう片方は完全固着。シャフトとインナーレースの滑りでスイングアームが動いていたらしい。

さすがにこのまま使うわけにもいかないので、死んだベアリングは取り外して同じメーカー/型番のものを発注。ついでに気になっている部分を直したりとかいろいろやりたいので、こっちのGaapはしばらく寝かすことにした。

とはいっても稼動できるMTBが無くなってしまうのは寂しい。王滝でやましたさんに「また一緒に山遊びしましょう」と言ったばかりだし。ので、取り外したパーツのほとんどを再移植する形でリンスキーのリッジラインを復活させた。しばらくはMTBは26インチで楽しみますかね。

いやー、しかし組み上げたリンスキーを持ち上げたら軽いこと軽いこと。つか、Gaapって本当に重いんだなーと再認識してしまった。

2016/9 SDA王滝 クロスマウンテンバイク100km 当日

台風接近のため夜半から激しく降り出した雨。まあ、マトモな感覚なら自転車で走ろうなんて思わない状況なのだけれど、今回は悪天候は覚悟の上で来ているので、開き直って出走準備。

20160921_outaki6.jpg

同じくGaapで出走のY田さんと一緒にスタート位置に自転車を並べる。この時点で地面はほぼ一面水溜り状態。もうね、笑うしかない。ウェアは夏装備に加えレッグウォーマーとアームウォーマー、それに薄手のレインウェアをチョイスしたけど、後になってこれはちょっと失敗だったと気付かされた。

祈祷やら何やらといった定例の儀式を済ませた後、2016年9月の王滝100kmは予定どおり6時にスタートした。とにかく出来る範囲でペダル回していきましょう。

とはいえこのイベント、SDA(セルフ ディスカバリー アドベンチャー)の名が示すように気合いだけでなんとかなるほど甘いものじゃない。一部が川と化したコースは20インチの小径ホイールで進むにはなかなか過酷で、走れるラインは26インチ以上と較べると幾分狭くなるし、泥濘路面はあっという間にタイヤが埋まってしまう。

最初の登りが終わって下りに入った直後の右コーナーがまさにそのドロドロ状態。前輪がイン側に向かって埋まり込み、早々に落車かよっ! とヒヤッとさせられた。けど、なんとか踏みとどまる。

その後はとにかく泥に気を使いながら進むので、登りも下りも全然ペースが上がらず。ただそのうち気づいたのは、川のように水が流れてる中を走った方が泥が流されてるから安心して進めること。もちろん泥水の下がどうなってるかは神の味噌汁、じゃない、神のみぞ知るなので、大きな石が転がってたり穴が空いてないことを祈るばかり。

祈りが通じたのか落車もパンクもせずになんとか走り続けるも、やっぱりペースは遅々として上がらず、結局は第1チェックポイントにてあえなくタイムアウトと相成った。10分足りず。

でもウェアリングをライトにし過ぎたせいで下りは寒かったし、シューズの一部が当たって足首に水膨れができたりもしてたので、残念というよりはどちらかというとホッとしたというのが正直なところだった。どうせ第1CPをギリギリで通過しても次のCPは間に合わないだろうし。

20160921_outaki7.jpg

ここからは通称“負け犬ロード”で会場まで引き返すことになる。

20160921_outaki8.jpg

一昨年に似たポジションで走ったへらこぶらさんも足切り仲間(笑)。

ここからは5月の42kmクラスのコースを逆に辿る形で引き返すのだが、相変わらずの雨時々豪雨で身体はますます冷えきり、一時は「こりゃヤバいかな…」と感じるほど。途中、小降りの区間やトンネル通過で息を吹き返しながら会場に帰り着いた時は、まさに生還といった感じだった。

体力作りでの準備不足も否めなかったから、この体たらくも仕方ないわなぁ。来年はもう少し頑張りましょう。

2016/9 SDA王滝 クロスマウンテンバイク100km 前日

5月はレフティ用フロントホイールが間に合わずDNSしてしまったSDA王滝。9月はそのリベンジということで意地でも参加する意気込みで臨んだ。

で、前々日までにしっかり用意を済ませ、前日は6時前に起きてみたものの、シルバーウィークだかなんだかのおかげで中央道はすでにあちこち渋滞中。早く家を出るメリットがあまりないので10時頃までダラダラとしてから出発。当然のように中央道に乗るまでも乗ってからも延々と渋滞。

20160921_outaki2.jpg

ナビ画面は渋滞情報で真っ赤っか。

20160921_outaki3.jpg

それでも夕方前には会場に到着したので、早速Gaapを組み上げ受付けをする。

20160921_outaki4.jpg

台風接近のため曇りがちな天候のため、霊峰木曽御嶽山は見えず。


20160921_outaki5.jpg

この時点ですでに雨がぱらつき始めたので、車で王滝の湯へ行き温泉を堪能することにした。

20160921_outaki.jpg

今回は会場でのキャンプやタープ張りの規制が厳しく、雨の中での火器自炊は難しそう。なので王滝食堂でちょっと贅沢をして“いのぶたステーキ定食”で夕食を済ます。

今年は当初、御嶽山噴火後の復興にささやかなお手伝いをするという意味合いで、ちゃんとwをとって宿泊しようと思っていた。しかし毎度のことながら仕事やら何やらでなかなか王滝入りのスケジュールが組めない状態。結局はまたまた車中泊になってしまった。

何にしても明日は3時半起きだし天気は荒れ模様。8時過ぎにはとっとと就寝することにした。

王滝準備

MTB Gaapに履かせているオフロードタイヤは、一昨年の5月の王滝に備えて履かせたもの。とはいえ実走しているのは一昨年の5月と9月の王滝の他は、近場の里山をちょっと走っただけなので、パッと見た目は「減ってるな」という感じはしない。

なので今年もそのまま行っちゃおうかなーという気もしていたのだが、一応新品を用意して改めて較べてみると…

20160916_gaap_lite2.jpg

うゎ〜、ブロックのエッジがボロボロやん!
充分残ってると思ってたブロック高も結構減ってる。

ということで貧乏くさいことは言わずにとっとと交換。チューブは買い足してなかったのでそのまま。まあ、今まで王滝でパンクしたこと無いくらいだから大丈夫でしょう。

王滝純正バッグw(ゼッケンの大きさにピッタリ)も装着して、GPSも取り付けて、いよいよ本番仕様が形になった。

20160916_gaap_lite1.jpg

さて、用意ができてないのは身体の方だけ。これは今更どうにもならないので、まあ、死なない程度に頑張って完走を目指しましょう。今回は厳しいかなぁ。

MTB Gaapで通勤

仕事のスケジュールやら天気の具合やらで、なかなかオフロード練ができないまま、今度の週末はもう王滝本番。

さすがにこりゃマズいだろということで、雨雲の合間を縫う感じで王滝仕様のMTB Gaapで自転車通勤してみた。この期に及んでユルユル走っても仕方ないので、ウォームアップが終わったらあとはアウタートップ縛り。とはいっても所詮は43×11Tだから少しだけ負荷が高まる程度だし、滑らかなアスファルト路面じゃオフロードのように負荷が目まぐるしく変動したりするわけでも無いので、まあ、気持ちの問題。

20160912_gaap_lite.jpg

それにしても自転車にあまり乗れなかったここ1週間ほどで、随分と夏っぽい暑さは薄らいだ感じ。楽といえば楽だけど、このまま寒くなっていくのは嫌だなァ…。

MTB仕様Gaapのブレーキ

MTB仕様にしているポリッシュGaapのブレーキは、リンスキーを組む時に購入した油圧ディスクのマグラ・マルタが装着してある。ところが先日ふと気がつくと、あるパーツが欠損していることが分かった。

201609015.jpg

正常ならレバーの根元に近い部分に、効き始めの位置を調整するネジがついているのに

201609014.jpg

片方のレバーには無い!

まあ、これが無いと即ブレーキが効かなくなるというわけじゃない。そもそも効き始め位置をグリップ側に寄せたくて、このネジはかなり緩めてあった。そのせいでどこかで脱落してしまったらしく、ブレーキの操作感も含めとくに問題は出ていない。

でもブレーキだからねー。王滝走ってる時にレバーがスタックした…とかいったら洒落にならない。

まずはこの調整ネジがスモールパーツとして手に入るかどうかを調べて…とも思ったけれど、王滝のスケジュールのことを考えるととにかく時間が無い。5月にホイールのハブが間に合わなくてDNSせざるをえなかった記憶も新しいので、いずれその調整ネジは算段するにしても、目先の問題として安心して使えるブレーキが欲しいというのが本音だ。

そんなわけで同じマグラのブレーキでもマルタよりも一世代新しいMT8を入手することにした。んー、散財だ。

201609013.jpg

マルタでも上位機種はマグネシウムのボディやらカーボン製のレバーやらを採用して軽いブレーキに仕上がっていたが、MTシリーズの上位機種はマスターシリンダー周りの主要パーツがフルカーボン。クランプもカーボンなので転倒した時のことを考えるとちょっと心配といえば心配。でも軽さは正義。この際、目を瞑りましょう。

201609012.jpg

キャリパーはホースの取り付けがバンジョーになっている以外は、マルタとそれほど代わり映えしない感じ。それでもマルタ同様、アルミ鍛造モノブロックキャリパーだから、モノとしては文句は無い。

201609011.jpg

ブレーキホースが黒くなってしまったので、シフターワイヤーのアウターも白→黒に変更。見た目はやや地味になった。
これで今度の王滝仕様としてはほぼ完成かな。

新シューズ投入

今使っている自転車用品はずいぶん前に購入したものが多い。とくにシューズはほとんどは10年前に買ったものばかりで、最近順次お亡くなりになっていっているのが困りモノだ。

そんな折、某紳士の国の通販ショップで買い物をした際に送料調節のために買うものがないかなと探していたら、安くなっている良さ気なビンディングシューズを発見。

20160816_a-yama_1.jpg

見た目は良いしワイヤーで締めるタイプだしこれで8,000円弱なら文句無し。ゴム底のシューズは古いやつが先日ご臨終してしまったので、早速ポチって到着を待った。

しかしいざ届いてみると、SIDIのシューズと同じサイズで注文したもののやや大きめ。期待したワイヤー締めも爪先側は今一歩締まりきらない。仕方ないので標準のインソールを抜かないまま別のインソールを重ね装着して履いてみたら、まあ、なんとか使えるかなという感じ。

20160816_a-yama_5.jpg

ということで早速新シューズでちょい乗りライド。行き先はいつもの河川敷と里山。

20160816_a-yama_4.jpg

途中、河川敷には花火大会見物用有料席が設置され始めていた。花火大会までまだ4〜5日あるのに、豪雨の増水で流されちゃったりしないのかねー。

20160816_a-yama_2.jpg

里山の中は季節柄虫が多くて、グルッと1周回っただけで早々に退散。

肝心のシューズはというと、柔らかめのアッパーソールと2枚重ねのインソールのおかげかフィッティングはまあ許容レベル。ただこのシューズ、あくまでタウンユースを前提としたものなのか、ベロ(正式に何ていうのか分からんw)の脇が閉じてなくて土埃が中に侵入しやすいし、ソールのクリート周りが結構柔らかい。オフロードでガシガシ使うのに適している感じじゃないみたい。

20160816_a-yama_3.jpg

ワイヤー締めの締まり具合については、そのままでは締まりにくい爪先側を指でちょっとアシストしてやるといい具合に閉まることが分かった。どうせ街乗りメインで使うんだからこんなもんか。

東京グランフォンド試走

10月の東京グランフォンドに共に参加するM田さんが「どんなコースか分からないので一度試走してみたい」とのこと。それじゃ一緒に行きましょう! ということで道案内がてらお付き合いすることにした。

2ニャンはもちろんお留守番。

20160814_okutama_2.jpg
エ「あら、そう。行ってらっしゃい」

20160814_okutama_1.jpg
さ「アタシのご飯の時間までには帰ってきてね」

今回は嫁もロードで一緒に走るというので、車にサイクルキャリアつけてロード1台中積み+ガープ2台ルーフ積み+3名乗車。A1でもこのくらいならなんとかなるね。

とりあえず東京グランフォンドのスタート地点となる青梅近辺の駐車場に車を駐めて走行開始。

20160814_okutama_3.jpg

まずはスタート地点となる成木市民センターまで行って場所を確認し、そこからオンコースで奥多摩湖を目指す。奥多摩駅からの登り区間以外はほぼ平坦な道だが、乗り込んでいないうえに自転車がGaapだから本番なら足切りタイムギリギリくらいのペース。ま、あくまでも試走だから、小河内ダムの脇で小休止。

20160814_okutama_4.jpg

じつは青Gaapは筑波9耐の後、ampフォークにハブダイナモつき406ホイールという通勤仕様に組み直していたのだけれど、この試走のために再度リジッドカーボンフォークと451を組み付けて来た。M田さんも筑波仕様のままのリジッドレフティ+451のオレンジGaap。

ダムを後にしてしばらく湖畔を走ったら、深山橋を左折してさらに左折。ここから本格的な登り区間の周遊道路が始まる。途中、本番ではCPとなるキャンプ場にも立ち寄ってみたところ、休憩無しで走ればなんとか足切りは免れそうな感じ。なんとなくペースは掴めたから、これで試走の意味は果たしたかな。

そこからはひたすら登る。登る、登る、登る。山道なんて登るの久々だから辛いこと辛いこと。おまけに補給も足りなくてハンガーノック気味になったところで、東京の道路で一番高い場所となる風張峠に到着した。

20160814_okutama_5.jpg

程なくM田さんが到着したところで都民の森まで移動して嫁を待ち、昼ごはんを食べたら、あとは武蔵五日市までの長〜い下りが続く。これはこれでいい加減飽きるほど。そして最後のオマケで梅ヶ谷峠を越え青梅に戻って、コースまるまる1周試走は終了。

正直なところ言っちゃうと、最初のキャンプ場のCPさえクリアすれば、あとは制限時間は楽勝っ! というのがM田さんと自分の共通認識だった。でも風張峠の登りにあまり時間をかけると結構ヤバイかも。これも試走して分かった重要な収穫だった。

まあ、とりあえず皆さん、お疲れさまでした。

9極の耐9

そんなわけでGaap仲間の3人チームで出場することになった真夏の筑波9時間耐久。いやー、レーシ自体は「暑かった」っていう記憶しか残ってなかったりするけど、終わってみれば結構楽しかった。

筑波サーキットは都内から近いので日帰り参戦もできないわけじゃない。でもせっかくのお祭りイベントなのでサーキットからほど近い石下のビジネスホテルで前泊することになった。そして近くの中華料理屋へディナーへ出かけたところでサプライズ。

IMG_8406.jpg

M田さんの彼女さんからチームへの差し入れが。しかも手作りGaapグッズですよ!! おまけに私の分は誕生日月特典のポワルージュ手拭いつき。(=ΦωΦ=)ノ
有難いことです。

IMG_8409.jpg

そして翌朝。次々と参加者が集まってきます。参加チームは300弱? まあ、お祭りらしい賑わいであります。

IMG_8436.jpg

そしてスタート。1stライダーのY田さんは鈴鹿の2時間ソロの練習も兼ねて、ということなのでガンガン行きます。「スゲー、トップ引いてるよ」と思えるような写真だけど、じつはこれ第2集団w

当然のように自分の写真は自分じゃ撮れないので、以下はオールスポーツの写真。

9tai1f.jpg
©allsports.jp

1コーナー手前は毎周のようにダンシングで駆け上がってスピードが落ちないようにしていたので、その直後の1コーナは情けない表情してるw

1116-2211556_smartphone.jpg
©allsports.jp

たまには集団にも乗っからせてもらったけど、先頭集団のペースは速すぎてGaap+自分の脚力じゃあっという間に千切れますです。

402-4173735_smartphone.jpg
©allsports.jp

S字かな?

402-4172652_smartphone.jpg
©allsports.jp

写真だとわりと普通に走ってるように見えるけど、走り始めて7〜8周もすると体から熱が逃げなくなっていくのが分かる。そこを熱中症にならないギリギリの線を狙って周回を重ねるのが真夏の耐久レース。身体にいいんだか悪いんだか…。

とはいえなんだかんだで3名のライダーの頑張り+献身的なサポート1名のおかげで一応完走。周りは3名のチームなんてほんの僅かだし、非ロードレーサーのみのチームもほとんどいない状態だから順位は気にしてもしゃーないよね。楽しければOK。

さて次の自転車イベントは9月の王滝だ。

通勤Gaapをレース仕様に

Gaap仲間のY田さんから8月に行なわれる筑波9耐のお誘いを受けた。当然のように使用機材はGaapとなるわけだが、8月という灼熱の季節に加えて体力、脚力も怪しい状態。ガチなレースというよりはお祭り的な色合いが濃いイベントとはいえ、せめて少しくらい自転車側で楽を出来るようにしようかなと思わないではいられなかった。

ということで多少の軽量化と走行抵抗の低減を狙ってみる。まず「Gaapはフルサス」という拘りはこの際ちょっと脇に置いておくことにして、フロントフォークをカーボンのリジッドフォークに交換してみた。

gaap_tsukuba_concept1.jpg

後でそのまま通勤仕様にするという選択肢も残すため、ディスクブレーキ対応の26インチ用でクラウン部にハブダイナモ用ライトを装着しやすい穴開きのタイプを探したら、中国製の見た目がゴツいストレートフォークしか見つからなかった。とはいえ重量は結構軽くてコラムカット前の状態で458g。強度的に大丈夫か? とも思ったけど、この際細かいことは考えないことにしましょうw

20160808_gaap_lite-s_race_fork.jpg

装着するとこんな感じ。

ホイールはポリッシュGaapと一緒にM田さんに譲ってもらったソウルコザックの軽量ハブに、これまたM田さんに提供してもらった451のアレックスR390リムを組み合わせて1セットを新調。履かせるタイヤは7/8インチ幅、ようするに700cなら23c相当になるシュワルベワンを急遽購入し、チューブも今まで手を出さなかった軽量チューブのR'Airを使ってみた。

20160808_gaap_lite-s_race.jpg

組みあがったのがこの姿。テールライトやリクセンカウルの大型サドルバッグ用アダプタも外したので、少しはスポーツバイク度が上がったかも。これを機にブレーキパッドも新品の純正メタルパッドに交換した。

20160808_gaap_lite-s_town.jpg

この通勤仕様の状態と較べると、レース仕様は451ホイールのせいで若干車高が上がった一方で、フロントフォークの肩下寸法はやや短くなっているのでハンドルの高さはほぼ一緒。ようするに少しだけ前下がりの姿勢になっている。

重量はハブダイナモ&ライトを付けたままバッテリーライトやバッグ等を外した通勤仕様が11.39kgだったのに対して、レース仕様では10.05kg。もう一声といきたいところだけどGaapだからね、こんなもんでしょ。

ポリッシュGaapの顛末

一度はロード仕様で組んだポリッシュGaapだったが、ちょっと思うところがあって仕様変更することになった。

というのも2台のGaapのうち1台にこういうことをしたかったから。

20160703_gaap_lite1.jpg

ちょっと見ただけでは何をやったのか分からないかもしれないが、

20160703_gaap_lite2.jpg

ヘッドチューブを短縮加工。上下約5mmづつフェイスカッターで削り込むことで、ヘッドチューブ長は10mm短い115mmに。

20160703_gaap_lite4.jpg

さらにこんなハブでホイールを組んで出来上がったのが…

ジャーン!!

20160703_gaap_lite5.jpg

Lefty Gaap。

ようするにLeftyフォークを組むために避けて通れないヘッドチューブ短縮加工時に、塗装割れとかが起こっても目立ちにくいポリッシュのフレームでこれをやりたかった次第。

20160703_gaap_lite6.jpg

ハンドルとステムはいずれもアイオダイン3、グリップとヘッドパーツはコバルトと、クランクブラザーズのパーツのオンパレード。これは個人的な好みによる選択。

20160703_gaap_lite7.jpg

リアショックは王滝100kmを念頭に置いているから、手抜きをするわけにいかずFOXのRP23を装着。まあ、このへんは2012年の9王装備をそのまま引き継いでいるだけの話。

20160703_gaap_lite12.jpg

ブレーキにマグラ・マルタを使っているのも同様。ただブレーキはパーツ欠損が生じてしまったので、ただいま対策を考慮中。

20160703_gaap_lite11.jpg

フロントのディスクローターは180mmφ。

20160703_gaap_lite9.jpg

リアメカはスラムX0の10速仕様で、スプロケットはホイール径を考え11-28TとしたスラムPG-1090。このスプロケ、ローギアとトップ側2枚以外はクロモリのインゴットから一体で削り出すという手の込んだ造りをしているだけに、定価は4万オーバーと目玉が飛び出すような高級パーツ。もちろんそんな値段では手が出るはずもなく、海外通販で激安になっていた時に確保しておいたものだ。

20160703_gaap_lite8.jpg

クランクはこれも2012年の9王仕様と同じくリンスキー用に買ったROTOR Agilis XC。ただチェーンリングは付属してたQ-Ringsがいろいろと問題を抱えていたので、非楕円のnoQの42/32/22Tに組み替えた。

20160703_gaap_lite10.jpg

様子見のためにオンロードタイヤを履かせてちょい乗りしたり通勤してみたりしたけど、これはこれで悪くない。まあ、Gaapの本来の姿は小径フルサスMTBだしね。

6トレ

今日は仕事が休み。おまけに天気がいいので自転車に乗っておきたいよね、ということで10時過ぎてからゴソゴソと用意を開始。

20160218_elisao.jpg
さ「出掛けるならご飯出してから行ってね」
エ「アンタ相変わらず食い意地張ってるわね」

20160218_6trail1.jpg

5月の王滝にエントリーしてしまったこともあって、今日乗り出すのはMTB仕様の方のGaap。
で、向かう先はというと、近場のA山は走れるところがあまりにも少なくなってしまったので、ちょいと足を伸ばして埼玉の通称6トレにでも行ってみましょうかね。

でも6トレは、以前は走り慣れてる人に案内してもらってばかりだった。正直なところ、一人で行ってもどこを走ればいいのか皆目分からない。

20160218_6trail2.jpg

まあ、そんなこともあるだろうと、じつは事前に手は打っておいた。しばらく使ってなかったガーミンのGPS、Legend HCxを動くようにしておいたのだ。さらに6年前のトラックログを突っ込んだから、極端に道が変わってなければこれでなんとかなるハズ。

20160218_6trail3.jpg

バーマウントも壊れていたので、やっつけ仕事で別のマウントを加工してバー上に取り付けられるようにしてみた。命綱つけてあるから、マウントが壊れても本体を落として失くすことはないでしょ。多分。

20160218_6trail4.jpg

とりあえず自走で行くので、途中はしばらく玉川上水沿いを走る。ここですでにオフロード。

20160218_6trail5.jpg

こんなところも走るのはオフロード側。

20160218_6trail6.jpg

トイレ休憩も兼ねて小金井公園にも寄ってみる。

20160218_6trail7.jpg

「うめまつり」開催中らしいけど開花具合は今一歩だった。

20160218_6trail8.jpg

何回か道を乗り換えながら多摩湖自転車道へ。

20160218_6trail9.jpg

コンビニで昼食のサンドイッチとおにぎりを購入。

20160218_6trail10.jpg

そして家を出てから1時間半ほどで多摩湖に到着した。ここまでで30km弱。思ってたよりは近かった。

20160218_6trail11.jpg

さらに反対側の堰堤まで移動してお昼ご飯タイム。天気はいいけど風はなかなか冷たい。ささっと済ませて狭山湖方面へ向かうことにした。

20160218_6trail12.jpg

こちらはお隣の湖、狭山湖の堰堤。トラックログを辿りながら走ってるのだけど、この辺は来た記憶が全然ないなー。おまけにここまでは残念なことに舗装路ばかり。

20160218_6trail13.jpg

さらに湖の周りを反時計方向に回り込むと、ようやくフラットダートが出てきた。

20160218_6trail14.jpg

そしてトラックログに従って外周路からちょっと脇道に逸れると、いよいよそれっぽいダート道が始まる。

20160218_6trail15.jpg

木立の中のシングルトラックがいい雰囲気。

20160218_6trail16.jpg

しばし降ると湿地帯を横切る木の橋が出現。あー、なんかここは通った記憶がある。

20160218_6trail17.jpg

降った後は登りがあるのがお約束。それも激坂。捲られそうになる前輪を抑えつけながら慎重にトラクションをかけてなんとか登頂した。キツーっ!

20160218_6trail18.jpg

外周路に戻ってしばし進むと、通称「ドルアーガの塔」と呼ばれる展望台に到着する。ここでもそれなりに寒いので、身体が冷える前に走行再開。

20160218_6trail19.jpg

再び落ち葉の積もるトレイルへ。

20160218_6trail21.jpg

またまた登って下ると現れたのが里山民家園。

20160218_6trail20.jpg

中で休憩したりもできるけど、今日は時間がないので写真だけ撮って素通り。

20160218_6trail22.jpg

再度トレイルに入って行ったところで痛恨のミスコースを冒し、延々と階段を登り返す事態に。息が上がりきってコース復帰後はしばし休憩。

トラックログどおりに走るにはさらに10kmほどオフロードを走るのだけれど、この時点で時刻は15時半過ぎ。あまり気温が下がらないうちに帰りたかったので、6トレ走りはこれにて断念することにした。今回はこのくらいで勘弁しておいてやるぜ。

ということで、とっとと山エリアを降りてから青梅街道、新青梅街道を経由して多摩湖自転車道まで戻り、あとは往路を遡る形で帰宅。走行距離は80kmちょい。あー疲れた。けど楽しかった。
次は今回走れなかった部分や、外周路から外れたディープなエリアに行ってみよう。

Gaapのリアショックトラブル

先日ロード仕様Gaapで軽く近場を走っていた時、タイトなターンの立ち上がりでペダルを回し始めたらイン側ペダルが派手に路面にヒット。「え? オレそんなに早くペダル回し始めちゃった?」と思いながらもそのまま走っていると、再度同じような状況でペダルを打ちつけた。こりゃおかしいと確認してみたら…

20160212_gaap1.jpg
こちらは組み上げた直後の姿。

20160212_gaap2.jpg
こちらがペダルを打ちつけた時の姿。一目見て分かるくらい前上りというかケツ下がり。

ありゃー、リアショックが抜けちゃってるよ。(´・ω・`)
つか、こんな状態になって気がつかずに乗ってたのが情けない。たまにしか乗らないとこういうところでこんなにも鈍感になっちゃうのか。

とりあえずソローリと家に帰ってリアショックをチェックしてみると、たしかにエアは抜けた状態。エアを入れればユニット長は伸びる。そのまま放置しても目に見えてエアが抜けていくようなことはない。単にバルブあたりからのエア抜けだったのか?
でもなんか変だぞ。ユニット単体にして無負荷の状態でも、エアを抜くとボトム状態まで縮んでしまう。へ? SRサンツアーのショックってそういうもんなの?
で、さらにいろいろ試してみたところ、エアを上限値まで入れてもユニット長が仕様値まで伸びきらないことが発覚。んー、こりゃ寿命ですかね。

じゃあリアショックはどうしましょうかってことになるんだけれど、まともなヤツはまともに買うと結構なお値段。リデューサーにしてもGaapに合うヤツは取り寄せないとなかなか手に入らない。いずれは何かを買うにしても、目先はMさんから借りっぱなしになってる古いGaapの純正リアショックをつけときますか。どうせこっちは街乗り中心だし。

20160212_gaap3.jpg
ということでXFusionを装着した姿がこれ。

ちゃんとしたユニット長があるとちゃんとした姿勢になるね。当たり前か。
しかしプロペダル的な機能がついてないうえに古いユニットということもあってか、乗り心地が固めなわりにはペダリングでブワンブワン動く。やっぱりリアショックは1本新調しないとダメかねェ。

降り出す前に

木曜日は仕事が休み。で、週末から週明けにかけては天気が悪いということなので、またまた近場の里山までMTB仕様Gaapでオフロード遊びしに行くことにした。

20160114_a-yama1.jpg

例によって河川敷のダートで肩慣らししてからお山へゴウッ!

20160114_a-yama2.jpg

今回はGaap仲間のMさんも誘い、2台のGaapでオフロードを楽しんだ。MさんのレフティGaapはカッコいいなー。

20160114_a-yama3.jpg

プチDHを下ってくるMさん。

20160114_a-yama4.jpg

2時間弱くらい山の中で遊んで撤収後は定番の場所で記念撮影。

20160118_elisao1.jpg
エ「そんなに遊んでる暇があったらあたしとも遊びなさいよね」

20160118_elisao2.jpg
さ「あたしもね」

あー、はいはい。

Gaapでオフロード

ウチの姫たちはなかなか仲良くなってくれる気配が無い。なので年末年始で嫁実家に行く際にはさおりをペットホテルに預けてエリカが留守番。そしてさおりの引き取りは、さおりが我々と一緒に出かけてたとエリカが思わないよう、我々が帰宅した翌日にするなど気を使ってみた。
でもその後もこの距離まで詰まるとエリカが威嚇開始。

20160104_elisao.jpg

もー勝手にせいっ! って気もするけど、まあ、こういう問題は気長にいかないとねぇ。
とりあえず2匹を分けて落ち着かせた後、残り2日の休日で少しは身体を動かすべくMTB仕様Gaapのタイヤをブロックタイヤに履き替えてオフロード遊びに出かけることにした。

20160104_a-yama1.jpg

まずは河川敷を遡上。久々のオフロードは土、石、草の感触が心地いい。

20160104_a-yama2.jpg

とはいえちょっとでも負荷が上がると脚がついていかなくなるので、休憩ばっかり。天気はいいし風は無いし暖かいしでまさに自転車日和なのが嬉しい。

20160104_a-yama3.jpg

堰の脇も気分転換の休憩ポイント。

この後は近場の里山方面へと足を向ける。アプローチの坂を登るところからしてヒーヒー言う体たらくながら、とりあえず小さい周回コースを数周。

20160104_a-yama4.jpg

河川敷も面白いけどやっぱり山の中の方はもっと楽しい。
ただしここでも1周回るごとに崖っぷちのベンチで一休み。全盛期に比べるとエンジンが10kg重くなってるんだから、2リッターのペットボトル5本腰に下げて走ってるようなもんだしねー。こちも徐々になんとかしていきましょう。

ちなみにGaapの方は、20インチということで轍からの脱出にはちょっと気を使うけど、高速(当社比)下りも小さなドロップオフを含むプチDHもソツ無くこなしてくれた。よく走る小径車だなあ。登りはエンジンが非力なのでそれなりw あとこういう走り方だと10mm短くしたステムは若干ポジションが窮屈な感じも。まだまだ改善の余地ありかな。

フラットバーGaapをとりあえず組み立て

Mさんに譲ってもらったポリッシュのフレームと軽量ホイールの素からロード仕様Gaap Liteを組んだので、元からあるダークシアンのGaap Lite Sはフラットバーで“お気楽お散歩用時々王滝”仕様にする、という基本構想までは随分前から固まっていた。でも具体的にどんなパーツアセンブルで組むかとなると、これがまた難しい。
せっかくGaapが2台あるのだから、1台はタイヤ交換だけで林道走行に対応できて、さらに必要最小限の装備追加で王滝に持っていけるようにはしておきたいところ。でもそうそう新しいパーツを買ってられないので、なるべく手持ちパーツメインで狙いに沿った状況を作りたい。で、そんな思惑を盛り込みながら組んだのがこの姿。

20151221_gaap1.jpg

まあ、早い話が去年の王滝100kmを走った時に近い仕様にしただけだったりして。42kmの時のようにロード用コンパクトクランクとメカディスクで組むアイデアも最後まで検討したけれど、実戦ではロード用メカの泥に対する弱さを学んだ。ので、結局クランクとブレーキは純MTBパーツを使うことに決定。もちろん新規購入する予算は無いのでリンスキーをバラしての移植。

20151221_gaap2.jpg

ただ今回ちょっと新しくしたのがクランク以外のドライブトレイン。なんと、いよいよリアは10速化!! 11速が珍しくないご時世に何を…と言われそうだけれど、去年は9速で組んでいたのだからこれでも一応は進歩。例によって宗教上の理由からシマノは使えなので、SRAMのX0の10速用前後ディレイラーとシフターは新規購入し、スプロケットはタイヤが小さい分のギア比の補正を考えてロード用の11-28Tとした。
ちなみにこのスプロケット、何ちゃらドームテクノロジーとかいうローギアとトップギア以外をインゴットから一体で削り出す力技で作られているブツで、軽くて剛性も耐久性も高い代わりに値段も糞高い。某紳士の国の通販ショップで安売りしている時に後先を考えず買い込んでおいたのだが、やっと日の目を見ることができた。

20151221_gaap3.jpg

しかーし、問題は手持ちに10速対応MTB用チェーンが無かったこと。注文は入れたものの届くのはほぼ年末。仕方なく仮にリンスキーのやつを使ったら長さが足りなくてリアディレイラーのケージがバレリーナ状態。使えないわけじゃないけどアウターは封印しておいた方が無難かも。

20151221_gaap4.jpg

10速化したのでシフターもX0の10速版。でもよく見ると左右のデザインが…。安売り品をバラで買ってたら年式合いませんでした。

20151221_gaap5.jpg

サドルはこれもリンスキーから外したフライト・トランザム。ピラーは黒トムソンの27.2mmが手持ちパーツにあったので、それを若干カットして装着。

20151221_gaap6.jpg

ここまでくると足元はブロックタイヤでぶいぶい言わせたいところだけど、ダート用のタイヤを街乗りで無駄遣いしちゃうのはもったいなので、20×1.50サイズのパナのパセラなんぞを履かせてみた。パセラなんて使うのはフルリジッドMTBを街乗りに使ってた時以来。遠乗りするわけじゃないのだから、もっと太いFS100あたりにすれば良かったかな。

ということで今日のお猫様達。

20151221_elisao.jpg

この微妙な距離感がなかなか縮まらない。
さおりは少しずつ動きが良くなってきているみたいなので、お腹の傷の痛みはいくらか引いてきているのかも。

自転車イベントの写真

自転車のレースやヒルクライムのイベントでは、大抵プロのカメラマンが写真を撮ってくれていて、後からウェブページ経由で自分の写っている写真を購入することができる。レースコース内は立ち入りが制限されていることも多いし、競技中に自分で写真を撮るのも難しい。だからそれはそれでなかなか有難いサービスだとは思う。

しかし問題はその写真の値段がやたら高いこと。自分のウェブページやブログで利用するためJPEGデータで購入しようとすると1カットが約5,000円。写真が作品でありそれなりに手間がかかっているのは分かるが、正直なところその値段でホイホイと買う気になる人は少ないんじゃないだろうか。むしろ1カット1,000円くらいにして手軽に買えるようにした方が、「ならば記念に買っておこうか」って気にもなって売り上げにつながるんじゃないかと思うのだけど、どうなんだろう。今日日の自転車イベントに参加する人たちはそんなケチ臭いことは言わないのだろうか?

そんなわけでこれまでいろいろな自転車イベントに参加してはいるものの、公式の写真を購入したことは一度もなかった。しかし今回のブログ再開を機に少し調べてみたところ、写真データ購入にはちょっとした裏技が存在することを知った(知らなかったのは自分だけ?)。

写真データを買うにしてもブログ等で使うだけなら、なにもフルサイズの高品位データである必要はない。なので1枚ごとにCD-Rに焼かれた約5,000円データを素直に買うのは、言ってみれば過剰品質だ。じゃあどうするかというと、まずは一番安い紙焼き写真を購入手続きする。この場合は1カットが2,500円程。データ購入のおよそ半額で済む。そして重要なのは、紙焼きを買うと450円弱でスマホサイズのダウンロードデータをオプション追加できるという点だ。

スマホサイズとはいえデータのサイズは1280×853pixel。そこから紙焼きにしたり高精細大画面テレビに映したりしなければ充分な解像度といえる。もちろんそれでも1カット約3,000円はけっして安い値段ではないが、いきなり約5,000円と言われるよりはずっとマシだ。

ということで去年のGaapで100kmに出場した9王の写真を試しに3枚買ってみた。

IMG_8211.jpg

届いたのはおまけの小サイズを含めこんな感じ。また封筒にはオプションデータのダウンロードキーが同封されているので、早速該当写真のデータをダウンロードしSDAクロスマウンテンバイク100km 当日を部分修正した。

ついでに今日の猫達。

elisao.jpg

エリカと遊びたいさおりはずいずいと近づいていくので、今日はこんな感じの距離感。
ただしこの直後にさおりはエリカ様のきつい一発を頂いたw。

追記:
自転車イベントの写真を買ったことがなかったというのは大嘘で、後から考えたらツール・ド・おきなわの写真は買ってた。ただしこの時の提供元はCyclingTimeで、高画質データ1点2,100円というお手頃価格。しかも多少ディスカウントしてもらってたような記憶が。その写真はウェブページの記事に使わせてもらっていた。

見つめ合う二人 & 秋ヶ瀬の森バイクロア5

トンネルの中を覗き込むエリカさん。

elisao2.jpg

反対側がどうなっているかというと

elisao1.jpg

さおりが同じように覗き込んでいた。

まだ仲良しというには程遠いけど、エリカが本格的な警戒態勢に入るまでの距離は少しずつ詰まってきている感じ。焦らず時間をかけて慣れていってもらいますかね。

ということで今日は2ニャンに留守番を任せて嫁と自転車でお出掛けすることにした。

bike_lore2.jpg

行き先はここ。仕事は休みだというのに職場からほど近い埼玉は荒川沿いの秋ヶ瀬公園。

bike_lore1.jpg

何故ここに来たかというと昨日今日の2日間、秋ヶ瀬公園内にある希望のくにグラウンドでシクロクロスレースやマーケットで賑わう「バイクロア」という自転車イベントが開催されていたから。じつはこのイベントには3年前にも一度来たことがある(今回と同じく見るだけ)のだけれど、競技が中心になっていながらすごく和気あいあい感があっていい雰囲気だったのが印象的だった。なのでまた来たいなーと思っていたのだ。

bike_lore10.jpg

バイクロアマーケットではいろいろなメーカーやショップがブースを出して、なかなか楽しいブツが見られるのも嬉しい。

bike_lore3.jpg

Gaapオーナーにとっては特別な存在のクワハラバイクワークスも出展。自転車やパーツをいろいろ持ち込んでいた。

bike_lore6.jpg

グラウンドをグルっと囲むように作られた特設コースの内側は観戦エリア。皆思い思いにレースを楽しんでいる。

bike_lore9.jpg

Gaap仲間のIさんも会場に来ているらしかったのでLINEで連絡を取りながら合流。これでGaapが3台のプチオーナーズミーティングとなったw

ちなみにレースの方はというと、ダートを走るシクロクロスなので

bike_lore11.jpg

こーんなところとか

bike_lore5.jpg

こーんなところとか

bike_lore4.jpg

こーんなところをガシガシ走る。

bike_lore8.jpg

石段の障害物もあって、自転車から降りて担いで越える人もあれば乗車で越える人もあり。同じオフロードのレースでもこのへんがMTBとはちょっと趣向が異なる部分だ。
ドロドロになったりそこここで転んだり、下手をするとゴール後は凄い有り様になる競技だけど、とにかくみんな楽しそうに走ってる。このガチな部分はガチなのにどこかユルい感じもあるのがバイクロアのいいところのような気がする。来年あたりは本当にGaapでエントリーしようかなと思う。

ところで冒頭の写真ですでにお気付きの方もいるかもしれないが、レースには様々なクラスやカテゴリーが用意されていて、車種不問、デコレーション・仮装大歓迎のオウルクラスなんてものもある。

bike_lore7.jpg

なのでこんな方々も楽しんでいたw

SDAクロスマウンテンバイク100km 当日

100kmは6時スタートなので、当日の起床は4時。身支度を整え自転車の最終チェックをしてスタート地点へ向かおうとしたら、今回は42kmに参加のNさんら2台のGaapも準備を整えていた。

201409outaki04.jpg

ので3台並べて記念撮影。

201409outaki05.jpg

スタート位置にこだわる身でもないのでのんびりとスタート地点へ移動。先頭は遥か彼方。

201409outaki06.jpg

周りを見渡しても29インチやら27.5インチやら26インチやらばかり。20インチで100kmを走る酔狂な人間は今回は自分一人だけらしいw

201409outaki07.jpg

スタート直後はしばらくの間、舗装路をひたすら登る。写真右端の赤ジャージのTちゃんは一緒にスタートを切ったが、この時点でグイグイと力強く登っていきあっという間に見えなくなった。

589-2153630_smartphone.jpg
©allsports.jp

ダートに入ってからは走るのに精一杯なので、写真はオールスポーツ頼り。
これはひとつめの登り下りを越えた濁川のあたりで、まだカメラを向けられたらにこやかな表情を作る程度には余裕がある。

201409outaki08.jpg

とりあえず最初のエイドステーションCP-1に到着。まだまだ先は長いので、手早く給水補給を済ませとっとと再スタートする。


201409outaki09.jpg

途中ほぼフラットなダブトラ区間もあるが、体感以上に脚にきているせいかなかなかスピードに乗らない。このへんが小径車の辛いところなのかも。

201409outaki10.jpg

コース中盤の登りを走りきると三浦ダム湖を見下ろす景色が開ける。これがなかなかの絶景で気持ちが和む瞬間。

2897-1907647_smartphone.jpg
©allsports.jp

第2CP第3CP間の約76km地点の下りを快調に飛ばす勇姿(笑)。Gaapはサスがバランス良く動いてくれるのでこういった砂利路面でも見た目から想像するよりずっと快適に走れる。とは言えすでにスタートから5時間半。さすがに腕や腰が辛くなってきている。

589-2162292_smartphone.jpg
©allsports.jp

そして最後の下り基調フラットダートを気合いで踏んで、ヘロヘロになりながらもなんとかゴール!! もう完全に魂抜けた表情で、カメラに向かってポーズつける余裕も無いのが情けない。

ちなみに記録は8時間48分22秒。これだけ見ると制限時間まではまだ1時間以上あるので楽勝だったようにも思えるが、じつは一番厳しいCP-3は足切りギリギリといったところ。でもまあ完走は完走だよね。低いながらもとりあえず目標は達成ということで。

201409outaki11.jpg

続々とゴールしてくる参加者達。皆んながそれぞれのセルフディスカバリーアドベンチャーを楽しんだ一日だった。

SDAクロスマウンテンバイク100km 前日

年2回開催されるSDA(セルフディスカバリーアドベンチャー)クロスマウンテンバイク。5月は42kmにGaapで参加してとりあえず完走したので、9月はいよいよ100kmに挑戦してみた。

前日となる14日は、会場の松原スポーツ公園へ行ってエントリー手続きをする。会場に着くとすでにMTB仲間のSさんが来てテントを設営していたのでちゃっかり隣にお邪魔。受付をした後は補給食等を入れるバッグを装着したり、裏側にセンサーチップが貼り付けられたゼッケンをつけたりと自転車の用意。これだけでも随分と気分が盛り上がってくる。

201409outaki01.jpg

ちなみに今回のGaapはというと、5月に42kmを走った時にロー側ギア比不足を感じた(ようはヘタレ脚)ので、思いきってドライブトレーンをMTB用に交換。辛い登りはひたすらクルクル回して凌ぐ作戦。ついでにブレーキも前180mmローターのマグラ油圧ディスクにした。ま、いずれも26インチのリンスキーから外してつけただけなんだけど。

201409outaki02.jpg

会場の正面に見えるのは木曽の霊峰、御嶽山。明日のコースは火口の5km程南側を抜けていく。

201409outaki03.jpg

今回はSさんは民宿泊だそうだが、こちらは直前までスケジュールが確定しなかったこともあり車中泊。仕事を終え夜になって王滝入りしたHさんや同じように車中泊の方々と共に控えめにプチ前夜祭を楽しんだ。

さて、明日は小径車のGaapで無事100kmを走りきれるのか?

Gaapで初の「SDA in 王滝」当日編

朝起きたらまずは自転車の最終チェック。

201505ohtaki09.jpg

今回参加するのは42kmなので補給食は背ポケに入れたジェルフラスコ1個で十分。ハイドレーションバッグを背負うので、自転車のボトルケージはパンク修理用のツール缶を装着するのみ。ただ100kmと違って序盤にトンネルを通るためライトは装着する。

201505ohtaki10.jpg

100km組のUさんやSさんも準備中。彼らは6時にこの会場からスタートする。

201505ohtaki11.jpg

一方42km組は7時に10kmほど離れた場所からスタート。同じくGaapで42kmに参加のNさんと合流してスタート地点を目指すことにする。

201505ohtaki12.jpg

スタート地点へ向かう途中、幻想的な風景を見せてくれる湖の脇で記念撮影。

201505ohtaki13.jpg

スタート地点でNさんと言葉を交わすのは…

201505ohtaki14.jpg

コレで参加してる方。(;゜Д゜) スゲ〜

201505ohtaki15.jpg

なーんてことをしているうちにスタートは最後尾からになってしまったw でもタイムはチップ計測だから問題ナシ。

201505ohtaki16.jpg

スタート直後は滝越の集落を1周パレードラン。
そしてスタートゲートを通過しダム脇でコースが右に大きく曲がると、いよいよダート区間が始まる。

201505ohtaki17.jpg

こーんなところとか

201505ohtaki18_20151120205535fac.jpg

こーんなところとか

201505ohtaki19_201511202055389a9.jpg

こーんなところとかを登ったり下ったりしながらデコボコ道を走り続けると

201505ohtaki20.jpg

ようやくゴール!!

201505ohtaki21.jpg

下りをかっ飛んでいたNさんはゴール直前で痛恨のパンクを喫してしまい、最後は押し走りでフィニッシュ。

201505ohtaki22.jpg

スタート地点まで戻ると、豚汁がお出迎え。( ゜∀ ゜) ウマー

201505ohtaki23.jpg

好成績とはいえないタイムだけど小径車だからこんなもんだよね。

201505ohtaki24.jpg

今回は2台だけだったGaapだけど、無事完走でお疲れ様でした。小径車クラスがあればワンツーフィニッシュだぜいっw
プロフィール

きくかわ

Author:きくかわ
シンガプーラのエリカは09/10/05生まれ
スフィンクスのさおりは15/06/06生まれ
最近は主に小径車に乗ってますがロードレーサーとMTBも好き
愛車紹介等は「きくかわおさむの自転車生活」にて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。