夏恋し

このところ気温が下がっているから、早朝の出勤時なんかは結構寒い。
とはいえ、台風で中止になった9月の王滝の代替レースとして開催される、11月の王滝にエントリーしちゃったから、頑張って自転車乗らないとねー。
しかし11月の王滝は、最低気温が氷点下って話が出てるんですけど…。
本当に走れるのかな。

IMG_4761_1000.jpg
「まあ、ちょっと寒いだけでしょ」

簡単に言ってくれるなよ。

S__19800068_1000.jpg
さ「う゛〜、さぶっ。11月に山? バカじゃないの」

うん、多分そーだね。(´ーωー`)

あしがらロングライドaround開成 参加記

イベントの試走を2回もするというワケの分からないことをやった翌週、いよいよ本番。やってまいりました、あしがらロングライドaround開成。

この開成という町、一般的にはあまり有名な場所ではないが、神奈川県内最少面積の自治体であり、かつ東日本にある町としては最少面積とのこと。ようするに小さな町なのだ。

でも、小田急小田原線の駅はあるわ、東名高速道の大井松田ICからはほど近いわで、地理的には程々に便利だったりする。富士山1周ブルベなんかでもここがスタート地点にされていて、我々も馴染みがあるとまでは言わないまでも、未知の地というわけじゃなかった。

ただ今回のイベントに関しては、気軽に輪行参加するにはスタート時刻が早すぎて電車が無い。なので私と嫁は、車に自転車2台を積み込んで早朝移動することにした。Mさんは同じGaap仲間のIさん(今回は不参加)と一緒に、秦野に宿を取って前泊参加。御二方とは近場のファミレで合流し、イベント運営側で用意してくれた駐車場へ移動し出走準備を整えた。

01_IMG_4692_1000.jpg
会場とは酒匂川を挟んだ向かい側の駐車場で出走準備完了。

05_KIMG1808_1000.jpg
Photo by Mさん
メンツ的には“チームGaap”なのに、今回はチタンフレームのロードレーサー3台で“チームタイタン”。

06_IMG_4694_1000.jpg
Mさんの自転車はフレームがGT Edge Ti。サテンフィニッシュにポリッシュのロゴ、GTらしいトリプルトライアングル、今風のテーパードコラムと、保守的な部分とモダンな要素がミックスしててカッコいい。アセンブルも茶系のサドルとバーテープに、スキンサイドのタイヤを組み合わせるあたり、Mさんらしいオシャレさが出てる。

07_IMG_4695_1000.jpg
会場には続々と参加者が集まってくる。100kmコースの第1グループ(6:30スタート)は水色ゼッケン。今回は65kmコースも合わせて、総勢800名ほどが出走する。

08_6759_1000.jpg
Photo by Iさん
スタート前に“チーム タイタン”で記念撮影。

ちなみに他の参加者の自転車をいろいろ眺めていたら、途中でデローザのチタニオで参加している方を発見。またサイクリングイベントということで、小径車で参加している人も結構いた。これならGaapでの参加もアリかな。

09_IMG_0049_1000.jpg
開成町のマスコットキャラクター「あじさいちゃん」も、スタート地点に現れた。好奇心旺盛な永遠の5歳だそうで。

10_6782_1000.jpg
Photo by Iさん
町長さん(?)の挨拶等の後に、いよいよスタート。

21_IMG_0014_1000.jpg
自分が嫁を引っ張り、後ろをMさんがサポートという体制で、序盤のちょっとエゲツない坂を登る。

22_IMG_4696_1000.jpg
ほどなく最初の休憩ポイントに着くので、バナナとエナジードリンクをもらって小休止。

23_IMG_4709_1000.jpg
途中、広域農道からは丹沢の山々がよく見える。天気が良くてよかった〜。

24_IMG_4714_1000.jpg
地蔵堂の第1エイドステーションで折り返すと、そこまで登ってきた道と山々と青空が、これまたいい風景。ここからはしばらく下り基調。

25_IMG_4720_1000.jpg
コースを北向きにとり、R246を越えて緩(一部だけ急)勾配を登ると、やがて丹沢湖の東端に到着。水位は低めなのかな。

距離的にはこのへんで約50km。あとは丹沢湖沿いを半周回って、2回目の折り返し地点となる西丹沢のキャンプ場まで6〜7km登れば、本日の登りパートはほぼ終了となる。

26_IMG_4723_1000.jpg
折り返し地点に向かっている途中に目につくのが、コース左手に聳える杉の巨木。

27_IMG_4730_1000.jpg
せっかくだからと直近まで行ってみると、デカいことデカいこと。

28_IMG_4736_1000.jpg
樹齢は約2000年だそう。

29_IMG_4727_1000.jpg
そうこうしているうちに、折り返し地点の第3エイドステーションに到着。

残り40kmほどはほぼ下り基調and平坦路なので、あとは落車にだけ気をつけて行きましょう。

31_IMG_4738_1000.jpg
丹沢湖まで降りて西側をぐるっと回ると、最終の第4エイドステーションに到着。

46_6773_1000.jpg
Photo by Iさん
あとはR246の北側の道で山北を抜け、酒匂川沿いを会場まで走ればゴーールっ!!

2週間前の試走の様子ではどうなることかと心配した嫁も、ようやく自転車に乗る感覚をいくらか取り戻してきたようで、わりと余裕を持って無事走りきった。Mさんにはずっとサポートしてもらった形となり、申し訳なかったです。

ちなみに今回、休憩ポイントと第1〜第4エイドステーションでいただいたブツは以下のとおり。

41_IMG_0051_1000.jpg
休憩ポイント:湘南ゴールドエナジー、バナナ

42_IMG_0052_1000.jpg
第1エイドステーション:金太郎まさカリーパン(南足柄市)

43_IMG_0056_1000.jpg
第2エイドステーション:足柄牛のコリコリ塩焼きそば(開成町)

44_IMG_0059_1000.jpg
第3エイドステーション:足柄牛のおにぎり(開成町)、ミニトマト(湘南ポモロン)(中井町)

45_IMG_0063_1000.jpg
第4エイドステーション:奴さん最中(松田町)or D52【でごに】饅頭(山北町)、足柄茶(あしがら地域)

そしてゴール地点では

47_IMG_0068_1000.jpg
ゴール地点:フェイジョアグミ(大井町)

50_finisher_1000.jpg

ということで、今回のイベントも天気に恵まれた中、無事完走。

比較的緩い時間制限(こればかりは運営の都合上仕方ない)があるだけで、のんびり走れるサイクリングイベントは、気楽に自転車を楽しめていいね。また何か面白そうなものがあれば、ぜひ参加したい。つか、せめてそのくらいの目標がないと、これからの寒い時期は自転車乗らなくなっちゃうしw

ロードレーサーのハンドル交換

今現在所有しているロードレーサーは、2007年の春に組んだものだから、かれこれ10年半ほど使ってることになる。主要パーツはその頃のままのものが多い。

ハンドルも例外ではなく、装着しているのは26mmクランプのデダ215アナトミック。自分程度の走力じゃ剛性不足を感じるでもなく、むしろオーバーサイズのものより軽かったりするので、ぶっちゃけこのままでも大きな不満があるわけじゃない。

ところが、いざGPSを装着するためにブラケット付けようとしたりすると、現在流通しているのはオーバーサイズ対応のものばかり。今更26mmは何かと苦労する。またアナトミック形状にしても、上面〜ブラケットがフラットなセッティングにすると、下ハンが立ち気味なので、頻繁に握るにはちょっとキツく感じることもある。

そこで、まずは同じハンドルを装着していたロード仕様Gaapで、最近流行りのコンパクトフォルムに交換して試してみたが、結果はまずまずだった。ならばということで、ロードレーサーの方も同じようにハンドル交換してみることにした。

IMG_4633.jpg

用意したハンドルはコレ。デダのゼロ100 RHM。幅は215と同じく外-外=420mm。スペックシートによるとRHMフォルムの場合、リーチが75mmでドロップが128mm。215アナトミックはリーチ86mm、ドロップ142mmだから、ステムは10mm長くすればいいかなといった感じ。ステムも同じくデダのゼロ100で揃えてみた。

重量に関しては、カーボンバーにしなかった時点で強く拘るつもりはないが、それでもとりあえず測ってみましょう。

IMG_4643.jpg

まず今まで使ってたハンドル、215アナトミックが226.7g。

IMG_4642.jpg

購入したゼロ100 RHMが256.9g。その差は30.2gで、オーバーサイズ化するとこのくらい重くなるのかね。

IMG_4644.jpg

続いてステム。今まで使っていたニュートンの90mmが135.3g。

IMG_4645.jpg

ゼロ100の100mmが122.5g。こっちは10mm長くなって、クランプボルト6本がチタンからクロモリに変わっているのに、12.8g軽くなってる。7000系アルミをCNCで切削するより、2000系を3D鍛造して径を太くした方が軽くて強いってこと? まあ、その辺の理屈はどうでもいいか。

IMG_4638.jpg

Befor

IMG_4652.jpg

After

やっぱり下ハンはかなり握りやすくなっている感じ。ただブラケット位置は当初の目論見よりもやや近めになってしまった。微調整してみても違和感残るようなら、ステムをもう1サイズ伸ばすかなぁ。

IMG_3133.jpg
さ「なんだかんだ言って新しいものが欲しかったんでしょ」
エ「そんなとこでしょうね」

あしがらロングライド試走ふたたび

先週は試走に出掛けたはしたものの、100kmのコースをわずか30kmほどでギブアップ。残りは車で走っただけで終わってしまった。

しかし幸いにも週末は再び天気が良さそう。それじゃあせっかくだから後半試走でもしてみますか。

ってことで、またまたやって来ました1日最大300円のコインパーキング。

IMG_4624.jpg

ここで自転車を組み立て、先週試走を中断したところまで、えっちらおっちら登っていく予定。

IMG_4625.jpg

今回、自分の自転車は、サドルをチェーンジ! ブルベで使ってなかなか具合の良かった、タイオガのスパイダー・ツインテール2を装着してみた。このサドル、見た目はかなりキワモノ的だが、乗り心地は信じられないくらい快適。坐骨への当たりはソフトだし、センター部がスリムなので太腿内側がほとんど擦れないしで、かなり気に入ってしまった。

さて、前回は車での後半試走だったけれど、それでもコースはほとんど覚えた。というか元々知っている道も含まれていたので、気分的には結構楽だった。相変わらず嫁はそれなりにキツそうだけどw

IMG_4626.jpg

で、コースに乗ってから10kmちょいで、道の駅山北に到着。

ここから先は丹沢湖の周りをぐるっと回ったり、緩斜面をダラダラと登り続けたりしていると、18km程で第2のピークであり折り返し地点のキャンプ場に到着。

IMG_4629.jpg

カメムシが出迎えてくれた。

IMG_4630.jpg

ここから先は、イベントのスタート地点である開成水辺スポーツ公園まで、35kmほどを下り基調で戻るだけ。最後の最後でちょっとだけ雨がパラついたけれど、無事試走を終えることができた。

とはいっても、100kmのイベントの試走を2日かけて走ってるようじゃ、やっぱり完走は厳しいだろうねー。当日はどうなることやら。

あしがらロングライド試走

これまで小径車一筋かと思ってたGaap仲間のMさんが、何の気の迷いかロードレーサーにも乗り始めた。しかもすでに2台目!! コダワリを持って選んだ2台目のチタンバイクはなかなかのお気に入りのようで、結構あちこち走りに行っているらしい。

で、今度、そのロードレーサーでロングライドのイベントに出てみるとのこと。同じチタンバイク乗りとしてはご一緒しないわけにはいきませんな。ということで、嫁と共に10月8日に開催されるあしがらロングライドにエントリーしてみた。

とはいうものの、こちらは最近自転車に乗る頻度がめっきり落ちている。Mさんは「ユルそう…」とか言ってたけど、コースマップ見る限りじゃ結構登っているので、エントリーした後でジワジワと不安になってきた。

自分は先日ブルベを走ってきたとはいえ、内容はほぼ平地オンリー。その前走ったのもツルペタの新春ブルベとくるから、結構ヤバいかも。嫁に至ってはさらに自転車から遠ざかっているの。どう考えても時間切れDNF必至ですな。

そうは言っても多少の努力はしないとね、ということでジャスト2週間前に、いきなり思いつきで試走に行ってみることにした。

DSC_7405.jpg
「相変わらず泥縄ね」

まーね。

本番当日はスタート時刻が早く車で行くことになるため、今回も車にロードレーサー2台を乗せてゴウッ。

で、車をコインパーキング(1日最大300円だって…)に入れて、ちょっと紆余曲折ありながらスタート地点に到着。

IMG_4579.jpg

ここが開成水辺スポーツ公園のスタート地点。ここからルートラボにアップロードされていたコースを辿っていく。

IMG_4581.jpg

最初のうちは酒匂川沿いやら街中の平坦路で距離を稼ぐものの…

IMG_4583.jpg

ところどころにエグい坂が現れる。久々に自転車に乗る嫁は早々に瀕死状態w

IMG_4587.jpg

足柄ふれあいの村の入り口へ向かう道も、途中はそれなりに登る。

IMG_4590.jpg

さらに登る。

IMG_4591.jpg

一発目のピークがこのへん。

この段階で嫁はもう限界っぽかったし、自分の前輪が原因不明のスローパンクに見舞われたので、今回の試走はこれでオシマイ。

車を置いた駐車場へ直帰して自転車を積み込んだ後は、残りのコースを車で回ってから帰投。う〜ん、結構登るね、コレ。2つ目ピークの西丹沢まで行っちゃえば、あとはほぼ下りオンリーみたいだけど。

最初に思ったとおり、今の嫁の脚力じゃ完走は無理じゃないかなぁ。

天井張替え

20世紀末〜21世紀初頭の車、とりわけ輸入車は、内装の劣化が結構激しい。酷いのになるとインパネが割れたりベトベトになったりと悲惨なケースもある。まあ、ウチのTTなんかはまだマシな方なのだけれど、それでも今年の夏はいよいよ暑さを乗り切れずに、天井に貼られたクロスが垂れ下がってきた。

これは生地の裏のウレタンが劣化して剥がれてしまうのが原因。応急的な処置としては虫ピンやホチキスで止める、なんていう方法もあるが、今後もそれなりに乗っていこうという車だと、もうちょっとなんとかしてやりたい。かといってディーラーで新品のルーフライニングに交換するとなると、天井の狭いTTでも20〜30万円コースだというから、それはそれでちとキツい。

あまり費用をかけずに直そうとなると、ルーフライニングから表皮を剥がして同じような生地に張替えるという手がある。ただし接着されたボロボロのウレタンをきれいに剥がすのが結構な手間なようだし、使える生地を用意するのもそれなりに大変そう。

だったらそういう作業をやってくれる業者を…ということでネットで探すと、比較的近場でも何件かヒットした。メールで簡単な見積もりを出してもらったところ、どうも5万円台半ば〜10万円というのが相場らしい。極端にケチりたくはないものの無駄に高い費用をかけるのもナンなので、今回はそれなりに実績があるらしく、かつ安価だった、55,000円を提示してくれた横浜の業者に依頼してみることにした。

ちなみに作業を依頼したのはここ

午前中に予約を入れて車を持ち込み、外で他の用事を片付けながら待つこと3時間ほどで、作業完了の連絡が入った。早っ!

早速車を引き取りに行くと、まだ接着剤の匂いが残ってはいるものの、きれいになった天井がじつに気持ちいいこと。生地は若干の色違いは許容の上でお任せだったが、言われなければ分からない程度だった。

IMG_4558.jpg

55,000円の費用を高いと見るか安いと見るかは人それぞれだろうけど、かかる手間と効果を考えれば自分としては十分に安いと思う。クォリティも文句ないレベル。

古い車はそれなりに維持コストがかかるけど、自分が気持ち良くなれる車に乗るのは楽しいね。

DSC_7392.jpg
さ「あたしのおやつにもコストかけてね」

BRM910福山200km「空からしまなみを見てみよう」

ブルベそのものは7:00スタートだが、その前に受付、ブリーフィング、車検がある。なのでSpockさんとは6:00にホテル玄関で待ち合わせして、駅のコインロッカー経由で目の前のスタート地点へと向かうことにした。

IMG_4408.jpg

予報どおり、天気は良好。この季節なら降られてもそれほど苦にはならないけれど、それでもやっぱり晴天の中を走りたい。

IMG_4409.jpg

スタート地点にはすでにスタッフの方が待ち構えていて、参加者も集まり始めていた。

IMG_4417.jpg

出走前の記念撮影。Spockさんのガープはいつものブルベ仕様…? あれ? 後輪に何かついてますけど…。

IMG_4413.jpg

スタート地点は福山城のすぐ脇。ゴール地点もすぐ側なので、最後はライトアップされたこのお城が目印になる。

IMG_4419.jpg

ブリーフィングでは、生口島でトライアスロンの大会が行なわれているため一部歩道走行となること、折り返し後の亀老山ヒルクライムがちょいとキツいことの説明を受ける。あー、100km以上走った後で平均勾配9%ほどを3km登らにゃならんのだよねぇ。登れるかな…。

IMG_4421.jpg

駅前から芦田川沿いを下り、県道22号を南下して目指すは、最初の通過チェックとなる鞆の浦。
ここの常夜灯とブルベカードを一緒に納めた写真を撮るのが通過チェックになる。

IMG_4425.jpg

蔵っぽい建物があったりしてなかなか風情がある。

IMG_4428.jpg

その後も海沿いを中心に淡々と走ると、戸崎港のフェリー乗り場へ着く。200円払って対岸にある最初の島の向島へ。

じつは向島へも尾道大橋という橋で渡れないことはないのだが、なぜかこの橋だけは通常の車道しか無く、自転車だと走り難いことこの上ないらしい。そのためブルベではコースから外しているそうだ。イベントだとこういった配慮がされているから有難い。個人でコース設定してたら絶対にやらかしてると思う。

IMG_4438.jpg

フェリーが対岸に着くと、いよいよ、しまなみ海道の始まり。

IMG_4443.jpg

尾道大橋を渡らなかったこともあって本道からはちょっと逸れる形にはなるが、海岸線に沿って走っていくとやがて因島大橋が見えてきた。うん、デカいね。

IMG_4447.jpg

橋へ登る導入路はこんな感じ。2輪車用区間ではオートバイが下ってきたりしてビックリするけど、話どおりの緩勾配なので楽に橋まで辿り着ける。

IMG_4452.jpg

因島大橋は2階建の下層部分が自転車道と歩道になっている。

IMG_4454.jpg

因島ではSpockさんが「はっさく饅頭」を食べに行こうというので、ちょっとコースを外れて銘店へ。しかし長期休業期間とぶつかり敢え無く敗退…。残念!

IMG_4456.jpg

次に見えてきたのは生口島へ渡る生口橋。因島大橋とは異なり斜張橋になっている。

IMG_4461.jpg

ここは橋の脇が歩道と自転車道を兼ねている。
ロードレーサーの方々に次々と抜かれるが、はなからのんびりペースなので気にしない。

IMG_4465.jpg

次に見えてきたのは多々羅大橋。どの橋も青空をバックに巨大な橋脚が聳え立つ姿が美しい!

IMG_4468.jpg

我々がトライアスロン大会の規制区間を歩道走行しているタイミングで、ちょうど先頭の選手がやってきた。やってくる選手に誰彼構わず「ガンバレー!」「いけー!」と声をかける自転車乗りのオッサン2人。

IMG_4474.jpg

多々羅大橋は生口橋と同じ斜張橋だが、自転車歩行者道がワイヤーの外側に位置するのが違う点。どの橋もちょっとづつ形や配置が違うのが面白い。

IMG_4476.jpg

橋の途中に県境の表示。いよいよ四国に突入。

IMG_4480.jpg

多々羅大橋を渡った先の「道の駅 多々羅しまなみ公園」には、サイクリストの聖地の碑なるものがあったので記念撮影。ついでにトイレ休憩と給水も済ませて出発。ブルベをのんびりペースで走ってるから、そうそうゆっくりもしてられないのが辛いところ。

IMG_4481.jpg

次に現れたのは大三島橋。他の橋に比べるとやや小ぶりだが、2本のアーチで橋梁を吊る構造がユニーク。

IMG_4487.jpg

半分が自動車道、半分が歩行者自転車そして125cc以下の二輪車道という通行区分も、他の橋とは違っていて面白い。

IMG_4490.jpg

初めてまじまじと眺める瀬戸内海は、とにかく島が多いという印象。そして造船関係の施設の多さもすごく目につく。

IMG_4494.jpg

わりとオーソドックスな吊橋のフォルムを見せるのは大島大橋。じつはこの先の伯方橋と直接繋がっていて、2つの橋で伯方・大島大橋と呼ばれるらしい。

IMG_4495.jpg

一体化した2つの橋の間にある見近島は無人島だがキャンブ場があるというので、ちょっと降りてみることに。潮が引いていると砂浜も現れて、海水浴ができるらしい。

この先、あともうひとつ橋を渡れば、折り返し地点の今治に到着する。今治で折り返した後は亀老山に登らなければならないので、今治へ渡る前の「道の駅よしうみいきいき館」で昼食を取る。食べた直後のヒルクライムは辛いからねー。

IMG_4498.jpg

道の駅の食堂で頼んだのは、Spockさんオススメの鯛茶漬け。鯛の身の大きさと厚さ、出汁の美味さで大満足。うま〜っ!!

IMG_4499.jpg

愛媛県に入ってからは、ゆるきゃらの「みきゃん」が描かれた自販機が多くなる。

IMG_4504.jpg

そして最後の大物ともいえる来島海峡大橋へ。第一大橋、第二大橋、第三大橋の3つの橋をひとまとめにしているだけあって、全長は4kmを超えていて、行けども行けども海の上(途中で島の上も通過するけど)。

IMG_4507.jpg

そしてようやく四国本島に降り立つと、すぐ目の前に折り返し地点に設定されたサイクリングターミナルの「サンライズ糸山」に到着。今回唯一のPCだ。

IMG_4509.jpg

建物の中からも、今、渡ってきた来島海峡大橋が展望できる。時間があれば、しばらくボケ〜っと眺めていたい感じ。

ここには宿泊施設もあるらしいが、当然、ゆっくりしていられるわけもなく、レシートチェック用の買い物を済ませたらそそくさと折り返す。

今回ブルベを走るにあたって、3週間連続で週末はGaapで100kmを走るようにしていたせいか、とりあえずここまではペースが遅めとはいえ、ある程度余裕を持って走れた印象。でもこの先はどうなることやら…。


そんなわけでここから後半戦の復路となる。来島海峡大橋を渡り返し、昼食をとった道の駅を通過すると、間も無く亀老山への入り口。そこを右に曲がってもう一回右折すると、いよいよヒルクライムの開始だ。

鈍った足で100km以上走った後の、平均斜度9%弱、最大斜度12〜13%のヒルクライムは、さすがに脚に堪える。「え〜、俺ってこんなに登れなかったっけ?」と思いながら、ハエが止まるような速度でジワリジワリと標高を稼ぐのが精一杯。

それどころか、そのうちに左脹脛が攣るという有様だから情けない。まさにヘロヘロになりながら、とりあえず足を着かずに頂上の駐車場まで辿り着いた。

IMG_4511.jpg

これは駐車場脇にあった亀老山の由来の亀の石像。由来を読む余裕なしw。

IMG_4512.jpg

そして疲れた脚に鞭を打ちさらに展望台の天辺まで登って、通過チェック用の写真を撮る。この地図と自分のシューズを写真に収めるのがここでの任務。

IMG_4513.jpg

とはいえ、ここからの展望は素晴らしいの一言だった。数多くの島が点々とする瀬戸内海や、渡り返してきた来島海峡大橋も一望にできる。まさにご褒美の景観。

IMG_4515.jpg

オマケのパノラマ写真。

IMG_4516.jpg

疲れと暑さもあって、売店で買ったデコポンアイスが美味いこと美味いこと。

この後はヒルクライムの後遺症で攣りやすくなった脚を、騙し騙し往路で走った道を引き返すことになる。やっぱり100km超えると鈍った脚が馬脚を露わすね。体力は誤魔化しが効かないや。

おまけにここにきて、モバイルブースターは持ってきたのに、アイフォーン用のライトニングケーブルを忘れるというポカを犯したことが発覚。ゴール後に通過チェックの写真を見せなければならないので、完璧に電源を使い切ってしまうわけにもいかず、仕方なくiPhoneはシャットダウン。以後はゴールするまで写真無し。

結局この後も、終始Spockさんに引かれっぱなしでゴール地点の福山を目指す。途中、本土に戻ったところで尾道ラーメンを食べようと思っていたが、Spockさんが下調べしておいた店が何故か閉店時間前に終了していてアウト。はっさく饅頭といい尾道ラーメンといい、ご当地グルメを楽しむアテが外れてしまった。

ラーメンを期待して途中で補給ペースを落としてしまったため、最後の10kmほどは完全なエネルギー切れ状態になったのが想定外だったけれど、18:53にはなんとか200kmを走破。制限時間に1時間半ほど余裕を持って無事完走できましたよ。これもSpockさんのおかげ。有難うございました。

IMG_4517.jpg

ゴール地点のライトアップされた福山城。

IMG_4518.jpg

今回の遠征は、そもそもゴール時刻の予想が微妙だった。なので後泊の可能性も高めに考えていたのだが、予想したよりも早めに走りきることができた。これならまだ新幹線で帰ることができる。

ということで、スタッフの方へのご挨拶もそこそこに福山駅へ向かうことに。コインロッカーから荷物を引き出し、走ってる時以上に汗だくになりながらも輪行パッキング。さくら、のぞみの乗り継ぎで品川まで帰れる、最終便の乗車券を確保した。そして夕食は新幹線の中でコンビニのカツサンド。

IMG_4522.jpg

で、今回の戦利品がこちら。200km完走のメダルと、遠征記念に買うことにしたオダックス近畿のピンバッジ。

こういう遠征は滅多にできないので、いい思い出になりましたよ。でも、しまなみ海道はまた行きたいな。すげー楽しかったから!!

BRM910福山200kmへ向けて出発

本州と四国を結ぶ本州四国連絡道路には3つのルートがある。そのうち最も西に位置し、広島の尾道と愛媛の今治とを島と橋で結ぶのが「瀬戸内しまなみ海道」、通称「しまなみ海道」だ。

このしまなみ海道、瀬戸内海の島々を渡りながら絶景を楽しめる観光ルートなのだが、他の連絡道とは違う大きな特徴がある。それは自転車道が非常に良く整備されていること。

5つの吊り橋には、必ずしも自転車専用ではないものの、自動車レーンとは明確に区切られた走行帯が用意されているし、橋の両端にはママチャリでも登れるよう考えられた、3%程度の勾配に設定された導入路が設けられている。また島の“地面”を走る区間には、ガイドとなる青いラインが引かれているから、普通はまず迷うこともない。とにかくサイクリングするには絶好の道路となっている。

なのでしまなみ海道は、趣味として自転車に乗っている人なら、誰でもが一度は走ってみたいと思う場所の筆頭なんじゃないかと思う。もちろん私もそのひとり。前々から「いつかは行ってみたい」と思い、公言もし続けていた。

そんな折、G.O.C.(Gaap Ouners Club)ブルベ担当(笑)のSpockさんから、「オダックス近畿でしまなみブルベやるよ」との情報、というかお誘いを受けた。これはもう、まさに目の前のご馳走。

ただ実際に行くとなると、超えなければならないハードルも多い。まず東京からだと結構遠い。なので1泊ではスケジュールがかなりタイトだし、スタート地点の福山までの交通費もバカにならないのが、貧乏人には辛いところだ。

しかもブルベとなれば、制限時間で走りきるという努力目標までついてくる。しばらくロクに自転車乗ってなかったのに、200kmを楽しんで走れるかな〜という点も不安要素だ。

で、しばらく悩んだけれど、「やっぱり行きたい!」の気持ちが優ってエントリーすることに。かくして「BRM910福山200km」へ参加することになった。


今回のブルベでは、スタート時刻を7:00と7:30から選べるが、早いスタートの方が日が沈んでからの走行時間を短くできる。まして前泊するのならスタートを遅らせる理由は何も無いので、7:00の方でエントリーした。前日に千葉で2時間エンデューロを走るというSpockさん(頭おかしい…w)も、同じ枠で出走してくれるとのこと。こりゃ心強いや。

IMG_4394.jpg

ということで、GPSやらライトやらの点検や充電、輪行装備の確認と、2泊まではなんとかなる荷物のパッキングを済ませ、準備万端。このところ台風だ豪雨だと荒れる日が多いけど、幸い9月9〜10日の週末は天気が良さそうでラッキー!

IMG_3644.jpg
エ「ひとりで遊びに行くのね。おみやげはしまなみ限定シーバでいいわよ」

んなもん、あるかいっ!

IMG_4137.jpg
さ「あたしは美味しいものならなんでもいいわ」

自転車だから嵩張るものは買えないよ。まして食べ物はねぇ〜。

IMG_4395.jpg

まずは二子玉川までちょちょっと自走してから輪行準備。

IMG_4398.jpg

Spockさんとは東京駅で合流。一緒に席を取っておいてもらったのぞみに乗り、一路広島へゴウッ!!

IMG_4399.jpg

福山着は9:30過ぎるので、夕飯は久々の駅弁。せっかくだから、それらしい幕内弁当をチョイス。

IMG_4404.jpg

前泊の宿は駅前のビジネスホテル。コンパクトに輪行できるGaapは、部屋に持ち込むのが簡単でいいや。

IMG_4406.jpg

自転車を組み立て、持って走る荷物と置いていく荷物を分けて準備完了。明日はスタート地点もゴール地点も駅のそばなので、コインロッカーに余分な荷物を置いておけるから便利。

明日は5:00起きなので、とっとと就寝。おやすみなさい。

王滝仕様Gaap再び

スイングアームピボットをオーバーホールしたら、ベアリングが逝っていることが判明したポリッシュGaap。しばらく完バラ状態で放置してあって、外したMTB用のパーツはリンスキーを稼働状態にするために使っていた。

でも、Gaap仲間で出ようとしていた5月のAACRのエントリー峠で玉砕したため、同日開催の王滝にエントリーする公算が高くなった。なのでポリッシュGaapはとりあえずベアリングだけ新品交換して、ほぼ以前の状態で組み直してみた。

gaap_lite_lefty.jpg

じつはピボット部はちょっと問題があって、多分もう一度バラして組み直すことになりそう。あともともと重くて交換しようと思ってたリアハブのフリーの動きが怪しくなってきたので、これも近々組み直し予定。考えてみたらハブは随分前に調達しておいたんだよなぁ。

復活させる際はクランク周りをロード用コンパクトにして、リアにロー40Tか42Tを入れようと思ってたけれど、とりあえず今回はMTB用トリプルのまま。一応新品のコーラスCTは手元にある。でもなんとなく新品使うのは勿体無くなってきて、ROTOR Agirisのロード用コンパクトを使ってみようかなって気になってきた。

でも問題なのは、チェーンリングが無いんだよなぁ。48/34Tか50/34TのPCD=110の良さげなチェーンリングが手に入らないものかと画策はしてるものの、楕円のやつを嫌うと意外なほど選択肢ないのね。


なーんてことをやっていてしばらく猫sを放置しておいたら、相変わらず居場所争いに余念がないようで。

elisao_2017012413374351a.jpg
さ「アタシもそこに入れてよー」
エ「鬱陶しいわね。アンタはどっか行きなさいよっ!」

猫感

短毛種のシンガプーラとはいえ冬は結構モフモフ感たっぷりのエリカさん。たまに顔を埋めてスーハーさせてもらってるw 猫らしい感触だねー。

IMG_0684.jpg
エ「なにか?」

対して、こちらは洗ったばかりのさおりさん。独特のすべすべ感のある肌で、割と積極的に人にぴったりとくっついてくる。
毛が無い分、寒いんだろうけど、こっちにも体温が直に伝わってくるから生き物感が全開。まあ、猫っぽくはないけど、それはそれで可愛い。

DSC_7202.jpg
さ「ニンゲンってアタシのために動くアンカのことでしょ」
プロフィール

きくかわ

Author:きくかわ
シンガプーラのエリカは09/10/05生まれ
スフィンクスのさおりは15/06/06生まれ
最近は主に小径車に乗ってますがロードレーサーとMTBも好き
愛車紹介等は「きくかわおさむの自転車生活」にて

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク